【この娘、どこかが変だ。の意味を知る】映画『エスター』レビュー

山登りの記事で書いてた、前日に見た怖い映画の紹介です。見たのは、これ。

関連:都内から日帰りで十分楽しめる伊勢原の『大山』登山

ご紹介します。かの有名な、サスペンス映画です。どういう怖さか分からなくて手を出していなかったのだけど、この日ついに!

SPONSORED LINK

エスター ※ややネタバレあり

エスター【Blu-ray】 [ ヴェラ・ファーミガ ]

価格:1,500円
(2015/5/25 06:24時点)
感想(0件)

○あらすじ

3人目の子どもを流産したことがキッカケで、ケイトとジョン夫婦は孤児院から養子を引き取ることを決意する。孤児院で出会い、やってきたのは、エスターという9歳の少女。少女は、周囲に事件の数々があり、エスターだけが生き残る過去を持っていた。それでも幸せな生活が始まったように見えたが、エスターの周りではやはり事件が起き始め…。

 

○感想

こっわ!っていうか、後味悪っ!っていうレビューを見てから借りたんだけど、うん、そのとおりだった。でも、面白かったよーただ、「養子をとるのはやめましょう」みたいな映画になっちゃってるのが残念だよね。。キャッチフレーズの『この娘、どこかが変だ』が、最後にすっと落ちます。ぐろくはないけど(思いっきり正面から攻撃するので)後味悪い映画が嫌な方には向かないかも。ちなみに、私はこの日なかなか寝付けませんでした!気になるけど怖いかもっていう方は、昼間にご鑑賞くださいな。見終わると、エスター観たことのある人と感想を言いあいたくなること間違いなしです。

女性の勘は、あなどれません。世の中の旦那様、どうぞ奥様の言うことに耳を傾けてください。悪いことは言いません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。