【原作とはかなり違ったお話】映画『ルームメイト』レビュー

先日書いた「ルームメイト」の映画レビュー。

関連:【人のことも自分のことも、意外とわからないものかも】ルームメイト/今邑彩(中央公論新社)

かなり違っているので、原作は原作。映画は映画で楽しめるかな、と。

SPONSORED LINK

ルームメイト

ルームメイト [DVD]

新品価格
¥3,926から
(2016/9/2 16:58時点)

○あらすじ

派遣社員として働く23歳の萩尾春海は、交通事故に遭い病院に入院する。担当の看護師はリカと言い、ぬいぐるみをもってきてくれたりしたが、春海は別の看護師・西村麗子と意気投合していた。春海の退院をきっかけに麗子がルームシェアを提案、2人は一緒に暮らしはじめる。

事故を起こした工藤謙介は、保険会社の社員・長谷川と一緒に春海を見舞いにやってくる。それを知った麗子は、「自分が事務処理を担当する」と言い、2人は順調な共同生活を送っていた。その後、職を失っていた春海はリハビリ生活中から工藤のもとで仕事を始めることになるが、やがて麗子の奇妙な言動を目撃するように…。それ以降、周囲で不可解な事件が続発し、春海は麗子のことを怪しみ始める。

 

○感想 ※ネタバレあり

まずは、北川景子ちゃんと深田恭子ちゃんの共演っていうのがヤバすぎて、もうなんか画が素敵すぎる映画でした…。恭子ちゃんのふと変わる恐ろしい表情も素敵すぎて、きゅんってなってしまう。戸惑ってる北川景子もまた美しいという、もう素晴らしい物語です。違うか。

さて、原作は春海と麗子は別人格。実際に2人は存在しますが、映画では春海と麗子が二重人格。麗子の持っているマリ含めて三重人格というお話です。春海の部屋に住んでいたのは、小さい頃の春海のように虐待がキッカケで人生を狂わせそうになっていた少女。春海と麗子が同一というところまでは良いのだけど、少女とのかかわりが薄すぎて突然出てくるからちょっとビックリしたかな。むしろ、この設定必要だったの…?みたいな。

春海が交通事故で入院するっていうキッカケはわかりやすいし、その流れで工藤と知り合うとかまではよくわかる。だけど、人殺しちゃうところの動機が弱くて、本はミステリーだったのに映画はただのホラーって感じです。この2人が出てなかったら、たぶんもっと文句言ってたと思う。私。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。