【バッドマン好きもスーパーマン好きも必見】映画『バッドマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』レビュー

まさかのヒーローがコラボした映画。そのほかのキャラクター登場もあり、とにかく豪華です。

SPONSORED LINK

バッドマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生

【Amazon.co.jp限定】バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット・エディション ブルーレイセット(2枚組)(オリジナル特典映像Blu-ray DISC付)

新品価格
¥7,680から
(2016/9/5 15:08時点)

○あらすじ

スーパーマン(クラーク・ケント)がゾッド将軍と戦い、地球の危機を救った。が、その際の被害によって「スーパーマンは、地球外から来た脅威であり、異星人。地球から追放すべき」という世論が生じ、「偽りの神」として陥れようとする者も現れた。また、自身のビルを破壊されたバットマン(ブルース・ウェイン)もスーパーマンを警戒し始めていた。

互いに誤解を抱えたまま、スーパーマンとバットマンは話し合う機会を持てないまま、ついに激突する……。

 

○感想

前作『マン・オブ・スティール』は見ていないのですが、飛行機の中でこちらを鑑賞。前作見ていないくても、内容わかります。

バットマン、スーパーマン、どちらか、もしくはその両方を好きな方にとって、ワクワクしかない映画だと思います。私は前作見ていませんが、前作とのつながりもまた面白いらしい。しかも、この映画まだ続く…!(最後を見れば、これは続くだろうなとわかりますが)

映画のヒーローたちが集まったら、どんな世界になるのか?一度はみんなが考えることを実現した映画。そして、その期待を裏切ることのない、わくわくしっぱなしの完成品。前後作も見てみたいと思えました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。