ドバイ旅行記4 デザート・サファリ・ツアー体験

ドバイ2日目のお話。

SPONSORED LINK

日本で計画していた予定

AM バブ アル シャムス デザート リゾート&スパでプールやらアーチェリーやらまったり

夕方 デザート・サファリ

 

実際の行動

9:30 起床、浴衣に着替える

9:40 朝食

10:30 ホテル内プール

14:20 ホテル発、デザート・サファリ・ツアーへ

22:05 ホテル着

 

デザート・サファリ・ツアー

ドバイで定番の砂漠を4WDで駆け巡り、最終地点の砂漠キャンプでアラブ料理とベリーダンスを楽しむツアー。ベルトラ見てもらうとわかるのですが、砂漠地区のホテル宿泊者はピックアップに追加料金がかかります。なので、ホテルのデザート・サファリを頼もうと思っていたら、ホテルのツアーはただの砂漠ドライブ。私たちが考えていたものと違ったわけです。

ベルトラすごすぎ

このことがわかってから、初日にプランを練り直し。ピックアップに追加料金がかかるなら、シティに泊まってる日に体験するほうが良いのではと考えたのですが、3日目・4日目はすでにプランニング済み且つ、もろもろ予約済みで動かせない…。

ならば、明日しかない!とベルトラを検索。いつも、お世話になってます。

書いてある通り、日本で予約して現地で参加が基本ですが、翌日以降であれば現地で申し込んでも参加できたりするわけなんですよ。で、申し込んだら1時間かからずに予約完了!嬉しすぎ…。バウチャーは本来自分で印刷ですが、すでに現地入りしてるってことでホテルにFAXしてきてくれるんです。で、ホテルのスタッフさんがお部屋に届けてくれました。

FullSizeRender (1)

他で予約するより安いし、ポイントたまって次回のツアー申し込みで使えるし、予約簡単だしクレカ使えるし、もはや海外のオプショナルツアーはベルトラ以外考えられないくらいお世話になってます。ちなみにクチコミするとさらにポイントたまるよ!

てなわけで現地入りしながらも、前日に予約完了。

当日のピックアップ

バウチャーには14:45と書いてあったのですが、直前にホテルに電話がかかってきて14:20集合に変わりました。で、出発。運転手さんから、もう一つホテル寄ってピックアップするからと言われ、「ここから近いの?」と聞いたら「近い、近い!」と。なので、同じ砂漠エリアのホテルかと思いきや、思いっきりシティのホテルで私たちのピックアップから1時間後に到着。

そうなのです、ホテルのある砂漠エリアとデザート・サファリで行く砂漠エリアってシティを挟んで2時間かかる距離!同じ砂漠なのに、そんなからくりが…。デザート・サファリ・ツアー体験したい方は、シティホテルに泊まってる日にしたほうが良いですよ~

コンビニで買い出しとお手洗い休憩

シティのホテルで2人乗せて、4WDは運転手さんと2組の夫婦に。そこからさらに30分ほど走ってコンビニに停車。このコンビニにたくさんの4WDが集まってました。みんな、ここで飲み物買ったりトイレに行ったりするわけです。

ついに、砂漠に到着

コンビニをあとにし、さらに30分ほど走ると砂漠に入ります。車が6台くらいずらっと並んで、みんなタイヤの空気抜き。

CIMG6878

写真撮影したらまた車に乗り込みます。

CIMG6881 - コピー

イキナリ始まる、砂漠4WD砂丘ドライブ!

しばらく普通に砂漠を走っていくのですが、また空気抜きのときと同じように車が6台ほどずらっと並びます。で、1台目が走り出したらスタート!ここからは、一気にのぼっておりての繰り返しです。

CIMG6883

最初は、なんで6台くらい一緒に行くのかと思ったのですが、その理由は途中で判明。砂丘を登り切れずに途中で動けなくなる車が出てきたりするんです。

CIMG6884

そういうときは、前後の車の運転手が運転を変わって乗り切る…そのためにドラクエ方式で車がずらっと並び、一斉に移動するんですね。どうやら、うまい人とそれほどうまくない人が交互に走って前後の様子を確認しているようでした。

私たちの車の運転手さんは、かなり運転に自信があるようで、一人だけ若干違うルート走ったり、余計にのぼって降りたりして私たちをきゃーきゃー言わせてました。

CIMG6882

途中で一度写真撮影をし、まだまだ続きます。

CIMG6890

ラクダ牧場で写真撮影

続いて、ラクダ牧場で一時停車。囲いの中にいるラクダさんと記念撮影をします。ここで、鷹ショーがあって写真を撮るとお金を請求される…なんて話もありましたが、そもそも私たちの時にはいませんでした。

ラクダちゃんたち、人間慣れしているのか近くに寄ってきてかわいかったです。

CIMG6902

キャンプ到着!まずは、水タバコ(シーシャ)・アラビックコーヒー・ナツメヤシ体験

ラクダ農園を出てから30分ほど走り、ようやく最終地点のキャンプ場に到着します。最初に、シーシャと呼ばれる水タバコを体験。ちょいとむせましたが、リンゴ風味で甘いミントのような香り。タバコ吸えない人でも、全然大丈夫です。一気に吸ってしまわないように注意を。

CIMG6910 - コピー

同じ場所で、アラビックコーヒーとナツメヤシもいただけます。アラビックコーヒーは薄いので、私みたいに普段ブラックコーヒー飲めない人でもワリといけます。っていうか、ナツメヤシ甘いので、一緒に飲んだほうが良いかも。

CIMG6908 - コピー

続いて、ヘンナペイント体験

そのあとは、ヘンナペイント体験に。夏なので、何かあったときに洋服で隠れるところに書いてもらおうと、腕の上のほうに書いてもらいました。1分もしないうちに書き終わります。が、乾くまでに30分かかります。乾かないうちにものにふれると、あっというまに絵がぐちゃりますのでご注意を。他のこと体験したければ、ペイント最後にするのも一つの手かと。

CIMG6918

そして、こちらのペイントは10日~14日消えません。一見すると普通のタトゥーなので書いてもらう場所は考慮したほうが良いかもです。私は、10日目で完全に消えました。

CIMG6932

ラクダ試乗

鳥取砂丘でラクダちゃんと対面したことはありましたが、実は乗るのは初めて!おそるおそる乗ってみたら、想像以上に高いので私思わず悲鳴。優雅に立ち上がるのだけど、いやぁ落ちるかと思ったんだもん…。上からの図。

CIMG6920

降りるときも、ラクダちゃんが足をゆっくり曲げて座るのだけど、怖かった。でも、楽しかったーそして、この子たち本当にかわいい。乗せてくれて、ありがとう。

CIMG6905

サンドボードでバカにされる

サンドボードのスタッフは、キャンプまで4WDを運転してくれた運転手さんたち。その中の一人に、「サングラスも帽子もバッグも全部置いてやれ」って言われて、言われるままに全部置いていくことに。でも、よく見たら他の人はみんなつけたまま体験してる…。私が絶対転ぶと思って、言ってきたそうな。え、バカにしてる?

そして、そのあとなぜか「3・2・1、GO!ラン!」とか言われて、スタート地点まで走らされた。なんだろ、この遊ばれ具合。

CIMG6925

スノボもできない私なので、自分自身絶対転ぶと思ってましたが、絶叫しながらなんとか転ばずに滑り切りました。他に叫んでる人とかいないから、かなり注目浴びたけど大満足。

CIMG6928

ちなみに、このときこの日イチ笑えた出来事が。

運転手1「おまえ、ドイツ人か?」
旦那さん「いや、日本人だ」
運転手1「嘘だ、絶対ドイツだ」 ※ヒゲをそらないで4日目くらい

しばらくのち。

運転手2「どこからきた?」
旦那さん「日本」
運転手2「(すね毛をひっぱりながら)No!Noジャパン!」 ※旦那さんは、ものすごいすね毛が濃い

謎のダンス

この日イチ笑ったあとは、やることも済んだのでお酒飲んだり(お酒は有料)お水飲んだりジュース飲んだりして(お水とジュースは無料)BBQ待ち。待っていると、謎のダンスが始まりました。

CIMG6934

10分ほど眺めて、ようやくBBQがスタート。

アラブ料理体験

アラブ料理が苦手な人もいると聞いてたけど、普通においしかったです。お肉は、ラム・牛・鳥とありました。野菜のようなサラダのようなものは、パクチーかな?独特の風味がキツかったけど、サッパリしててぱくぱく。

CIMG6939

伝統衣装(アバヤ・カンドゥーラ)の試着体験

申し込みの時点で頼んでおくと、伝統衣装の試着体験もできます。夕食が一通り落ち着いたあと、着させてもらいました。洋服の上からスポっとかぶせて着るだけなので楽ちんです。

現地の人感が出ないのはなぜでしょうか…。もじもじくんか!って感じの仕上がりになりました。

CIMG6947 - コピー

最後にベリーダンス鑑賞

最後は、ベリーダンスの鑑賞でしめ。美人だし、スタイル抜群で見入ってしまいました。特にチップをもらうわけでもなく、終わったらさっそうと去っていくダンサーさんがカッコよかったです。

CIMG6949

そして、また2時間かけてシティに寄ってからホテルに帰宅しました。

デザート・サファリ・ツアー体験まとめ

①シティのホテル泊の日にやるのがオススメ

②砂と汗と日差し対策を忘れずに(サングラス・帽子・日焼け止め・おしぼり)

③酔いやすい方は、酔い止めを飲んでから

④動きやすいハーパンやショーパンが◎

⑤スニーカーやヒールを避け、ビーサン必須

⑥ドバイ行ったら、やるべき!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。