【平日2Dでも満席の超話題作】映画『シン・ゴジラ』レビュー

先日、ジャングル・ブックを観に行ってからずっとずっと観たい気持ちがやまなかった『シン・ゴジラ』。

関連:【4Dでジャングルを体験】映画『ジャングル・ブック』レビュー

どうしても行きたくて、旦那さんの予定を聞いてみたけど彼がそれほど乗り気でもなかったので結婚後、初めて一人で映画に行ってきました。都内で一人で行くと緊張するね…。地元は人少ないから落ち着いて観れるけども。というわけで、チキって平日の2Dへ。それでも満席だった『シン・ゴジラ』のレビューです。

SPONSORED LINK

シン・ゴジラ ※ネタバレ注意

キャプチャ

○あらすじ

東京湾の羽田沖で、アクアトンネルの一部が崩落。大量の泥水に浸水される事故が発生した。付近は水蒸気があがり、ネットでは動画をもとに「何かがいるのでは?」と噂された。直後、首相官邸で行われた緊急会議では「地震」「未発見の海底火山」が原因ではないかと話し合いがなされ、内閣官房副長官の矢口蘭堂(長谷川博己)が「巨大不明生物によるものかもしれない」と可能性を示唆する。周囲は「ありえない」と笑っていたところ、現場から巨大不明生物が海上に姿を現した動画が送られてくる。動画から生物を分析し、首相が「上陸の恐れはありません」と放送した直後、その巨大生物は東京・大田区に上陸しゆっくりではあるが確実に進行、街を破壊してまわったのだった。

駆除か捕獲か排除か…。話し合いが難航する間にも、巨大不明生物は目に見えた進化を遂げる。ついに自衛隊による駆除が決まったが、結局実行されないでいると、巨大不明生物は急に陸を離れて海に戻っていったのだった。

また陸に戻ってくるであろう巨大不明生物対策は、内閣内部の人間の思惑・各国の思惑に翻弄され混乱。やがて、巨大不明生物の名を『ゴジラ』と呼称することが発表される。

 

 

○感想

最初、アクアラインに浸水する場面がめちゃ怖かった…。ここ最近アクアラインを使うことが多かったのと、通りながら「ここにいるときに地震とか起きたらどうなるんだろう」みたな話をしてたからだと思うけど。でも、そのあとは死者なく無事に避難できるのでここは一旦安心。当たり前なのかもしれないけど、あらゆることを想定して作られてるんですねぇ。

さて、シン・ゴジラですが面白かったー!やっぱり4Dで観たかったー!とりあえず、「役所って本当にこんな感じなの!?」「おぉ、そんなのんびりしてる間にもゴジラどんどん進んできてますけど…ねぇ、わかってる?」って感じで映画前半は内閣の動きにすごいもやっとします。でも、再上陸前にはゴジラについての情報も見えてきて対策もいくつか考えられてきて安心。が、その後「自衛隊がこんなに武器使ってもダメなの?ゴジラ現れたら日本終わりなのか」みたいな絶望感に。結局、最初から巨大不明生物の存在を示唆してた矢口が米国国務省からやってきた女性エージェントのカヨコ・アン・パタースン(石原さとみ)や巨大不明生物特設災害対策本部(映画の中では略して「キョタイサイ」と呼ばれてます)の仲間らとともに知恵で生み出した方法によりゴジラを停止させることに成功します。でも、「現実だったら…日本は終わる?」っていう不安はぬぐいきれません。

なんて思っていたら、こんなタイミングでフリージャーナリストの秋山謙一郎さんが「もしゴジラが上陸したら?現役自衛官たちが真剣に考えてみた」っていう記事を公開していました。で、思わず熟読。みなさん、色々な問題があるようで「私人として」との前置きで語ってくださってましたが、これ読んだらすごい安心しました。日本の自衛隊って、やっぱりすごい!なので、映画は映画として楽しんで観て大丈夫みたいです(笑)そして、これからは4Dある映画はなるべく4Dで観ようと決めた私でした。

最後に…ゴジラの姿をブログにも載せてるものを想像していたので、最初に進化前の可愛いゴジラ観てびっくりしました。あれ、これゴジラの子どもかな?とか思ったりして。なので、そのへんにもご注目を。庵野監督、エヴァも楽しみにしてますね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。