【人が成長するってこういうこと】映画『インサイドヘッド』レビュー

インサイドヘッドは、モルディブ旅行に行く飛行機で見たんだったかな?

関連:モルディブ旅行記一覧

なので、実は結構前に見たものですが、今更ながらレビュー。

SPONSORED LINK

インサイドヘッド ※若干ネタバレあり

インサイド・ヘッド MovieNEX [ブルーレイ DVD デジタルコピー(クラウド対応) MovieNEXワールド] [Blu-ray]

新品価格
¥3,024から
(2016/7/9 13:32時点)

○あらすじ

11歳の女の子・ライリーは、頭の中に存在する5つの感情、『ヨロコビ』『イカリ』『ムカムカ』『ビビリ』『カナシミ』とともに成長してきた。家庭の事情で、家族と一緒に生まれ育ったミネソタを離れ、サンフランシスコにやってくる。新しい環境により、不安でいっぱいになったライリーの頭の中で、『カナシミ』が暴走。止めようとした『ヨロコビ』とともにライリーの中から2つの感情がなくなってしまい…。

 

○感想

大好きなディズニー映画。飛行機の中で号泣しました。

『ヨロコビ』はじめ、5つの感情たちが自分勝手で人間くさくて笑えます。でも、11歳の女の子の感情だもん。これが正常なんだよね。きっと、体が成長するにつれて頭の中で感情たちも成長して…っておもえたら、なんだか一人じゃない気がしたっていう中2的な感想。

そして、感情をコントロールできるようになると、子どもの頃に必要だったものがいらなくなったりする。トイ・ストーリーのような『忘れ去られた存在』のものが登場し、『ヨロコビ』とともにライリーの感情を整えることに一生懸命な姿に涙しました。小さかった頃、ライリーが頭の中につくって遊んでいたピンクのゾウ。自分が忘れられたことが悲しくて、なんとかして思い出してもらおうと努力していたのですが、最後はライリーに『ヨロコビ』と『カナシミ』の感情を復活させるべく、自らの役割を終える決断をする…っていう。

書きながら、また泣けてきた…笑

おもちゃに限らず、感情に限らず。「私、強くなったな。成長したな」って思うことがあるけど、それって色々な助けがあってこそ。感謝することもあるけど、たぶんその感謝の対象として思い出せないものだって、たくさんあるんだよね。ということを考える機会を与えてくれたインサイドヘッドに感謝。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。