モルディブ旅行記2(エンブドゥビレッジ滞在中) ビレッジ内での楽しみ方

関連:モルディブ旅行記1(成田~マーレ国際空港) 快適な移動時間にするためのポイント

今日は滞在中のお話です。本日で、完結。

SPONSORED LINK

エンブドゥビレッジ

今回、泊まったホテルです。これは、私たちのチョイスした水上コテージ。通常のお部屋もありますが、せっかくモルディブに来たので水上に。

CIMG6226

マーレ空港から船で移動

マーレ空港から船やセスナ(ちっちゃな飛行機?)でそれぞれの島(ホテル)へ移動します。私たちは、船で20分くらい乗って着くエンブドゥビレッジにやってきました。行きは20分だったけど、帰りはルートがちがくて30分くらい乗りました。
マーレ空港を出てすぐのところから乗船。

CIMG6213

船内は、こんな感じ。行き帰りともに、この船でした。

CIMG6215

走りながら、街が見えます。モルディブの中心地は、空港と生活地。かなり大きなビル建ってたし、足を踏み入れてはいないけど発展してる感じです。

こっちが空港のほう。

CIMG6216

で、こっちが生活都市。

CIMG6220

日差しが強いし気温も高いので暑いんだけど、船ものすごいスピードで走るので風が気持ちよい!

CIMG6218

海の色が変わる~リゾート感、満載です。

CIMG6222

他のホテルがあるであろう、島たちをいくつか超えて、自分たちのホテルに到着!

CIMG6223

CIMG6230

チェックイン時の受付の様子

フロントも砂って不思議な感じです。

CIMG6235

こちらがフロント。

CIMG6236

しばらく経ってから気付いたのだけど、ホテルの従業員に女性がいない・・・そういう決まりなんでしょうか?従業員さん、みんな笑顔は少ないけど笑、優しい人たちでした。

到着後、すぐにジュースを出してくれました。別の日に到着している人たちを見てたら違う飲み物だったから、日替わりなのかな?飲んでみたけど、何の味なのか分からなかった・・・ちなみに激ぬるい笑

CIMG6234 - コピー

フロントに向かって右側には両替所。私たちは、オールインクルーシブだったのでチップ用の細かいドルのみで大丈夫。リゾートではモルディブのお金いらないので、楽チンです。お金を気にせずお酒飲みたい人は、絶対にオールインクルーシブにしたほうが良いです。なぜかというと、やっぱり個別で払うと単価が高いから…。

CIMG6237

水上コテージの様子

ポーターさんが荷物を運んでくれるのだけど、砂浜なので引きずることは出来ず持ち上げ。大変だぁ!

CIMG6240

お部屋の外には、砂落とし用の水がおいてあります。見てたら、海の水を汲んで取り替えてました。昼はあたためられてお湯になってて、夜には冷えひえです。

CIMG6243

お部屋の中は、こんな感じ。

CIMG6245

CIMG6246

外のソファが気持ちよすぎて一度も使わなかった室内のソファ。で、室内のソファ前にはガラス張りの床が。

CIMG6247

渦潮を思い出します。しばらく眺めてると魚が通りますが、毎度シャッターチャンス逃してしまいました・・・

気持ちよすぎたベランダ!!

CIMG6249

CIMG6252

このソファで音楽流しながらゴロゴロが、部屋の中の鉄板の過ごし方となりました。空見上げてるだけでも楽しい。

IMG_4257

お風呂撮り忘れちゃったけど、普通にバスタブがあります。タオルもフェイスタオル・バスタオルそろってるけど、それ以外はシャンプーとボディソープのみ。ハブラシもスリッパもない、海外ならではのシンプルアメニティです。冷蔵庫はあるけど、オールインクルーシブのためほとんど必要なし。夕飯で飲んだお水のペットボトルの残りを持って帰ってきて、冷やしてたくらいかな。

リゾート内の施設紹介

バー、レストラン、ダイビングスクール、スパ、バレーボールコートなんかがあります。写真撮ってなかったみたいですみません。カニやら鳥やらトカゲに出会えて、歩いてるだけで癒されました。ん?トカゲであってるよね?ヤモリとかイモリと違いが分からないのです。

CIMG6241

CIMG6317

CIMG6258

日本人の少ない海外には、浴衣を持って行って着るのが楽しみの一つ。でもお散歩中に日本人観光客に出会っちゃって、浴衣着てるーって言われた。恥ずかしい。

CIMG6281

CIMG6287

ハンモックとかブランコがあって、これ浴衣で乗った写真はとてもモルディブらしからぬ光景でした。

CIMG6263

到着した日はなかったけど、帰る日にツリー設置してました。早くから飾るっていう習慣はないんだね~

CIMG6336

オールインクルーシブの食事

ここが、レストラン。

CIMG6298

毎食、ここでビュッフェになっています。

CIMG6274

CIMG6277

フルーツとスイーツの種類が多くてビックリ!でも、一つも手をつけなかったの。今考えてみたら、食べてみればよかった。

かなり偏食な2泊3日の食事になりました。こんな感じ。食べてたのは、昼と夜はお芋とパスタとカレーなど。朝は、オムレツ。

CIMG6278

CIMG6301

CIMG6315

CIMG6335

最終日の夜、突然テーブルにお花が。

CIMG6322

何かと思ったら、お花は「Last Night」という意味だそう。でも、もちろん周りの人からは「結婚したのか?」と聞かれたり、近くを通りながら微笑まれたりしました。きっと、みんな自分の最後の夜に気付いたことでしょう。

ご飯は、総じておいしかったです。私はタイ米が苦手だから、主食が芋とパスタになっちゃったのだけどね。朝はパンの種類も多かったので、パン好きさんには良いのかも。

オールインクルーシブで飲み放題のバー

朝から晩まで営業しているバー。9-24時だったかな?

オールインクルーシブだと、14-16時くらいに軽食も出ます。バーの右奥にショーケースが並べられて、サンドイッチ・ケーキ・パイとコーヒー紅茶が。

CIMG6256

食べ終えた写真ですみません。

夜は、部屋で飲みたいと言ったら、とりあえず1杯飲んで行けとお酒を出され、カウンターでカクテル1杯飲んだら眠くなり、うとうと・・・それでもお酒を勧めてくるので断れずにもう1杯もらったら、もうとても部屋で飲める状態ではなくなり、爆睡。

CIMG6280

さき、って発音しやすいのか連呼されてた。そうそう、お部屋は海の上なので波の音がものすごいうるさいのですが、昼寝のときも夜のときも疲れ切った私たちには何の障害でもありませんでした。いや、本当に毎回1秒で眠りに落ちてた。音が気になる人は、正直水上コテージおすすめしません。本当にすごいです。

夜は点灯しててキレイでした。

CIMG6319

週に何度かあるショー

何日かに1回、バーで21時からショーがあります。少年が一人で大道芸をやるんだけど、シンプルながらすごかったです。

CIMG6330

やってることは本当にすごいのに、見せ方が雑。笑 だからなのか、お客さんも拍手めちゃまだらでちょっと冷たい空気でした。がんばってたので、そのとき持ってたドル全部入れてきた。

現地日時23日の21時から30分くらいだったかな?翌日は、24日なのでクリスマスパーティーをするって言ってました。

モルディブ一シュノーケリングに適した海

ということで、最後は海!

CIMG6313

パンパンに膨らませたはずの浮き輪がすぐにふわふわになるから、そんなに太ったっけなぁと思ってたら穴が空いていることが判明。モルディブにさよならしてきました。色んなプール・海のおともだったプーさん浮き輪・・・ありがとう・・・

CIMG6306

色が変わってるのは、小さい魚の塊!集団で動くのです。

CIMG6231

で、大きな魚や人間が通るとそこだけ道ができるの。すごい動き・・・小さい魚の間を泳ぐのは、ベビーシャーク。

CIMG6268

この写真の、ちょっと光って見えるもの分かりますか?これ、魚なの。すごいキレイ・・・ライトみたい!

CIMG6227

シュノーケリングや浮き輪ぷかぷかに疲れたら、ビーチでお酒。時間はのんびりしてますが、体はかなりくたくた。笑

CIMG6309

シュノーケリングセットはダイビングスクールで借りられます。

CIMG6303

値段も手ごろ。

CIMG6304

小さい子どもは、ライフジャケットも着てたけど、かなり遠浅なので大人がいればかなり安心。大人だと、50Mくらい離れても足がっつり着いて胸元くらいに水面がある感じです。波もほとんどなく、めちゃくちゃ穏やか。エンブドゥビレッジは、モルディブの中でも一番シュノーケリングに適したホテルらしいです。

もちろん、シーアクティビティのオプションもあります。長い日程で遊びに行かれる方は、オプショナルツアーに申し込んでちょっと遠くの海まで楽しむのもアリかと! 

チェックアウトも考慮してくれた

こんな感じの2泊3日。チェックアウトは一応12時らしいんだけど、出発までの時間お部屋を使わせてくれるので、最終日も午後以降の出発なら午前中まで海で遊んでお風呂に入る時間あります。だから、短いかなって思ったけど十分な日程でした!

エンブドゥビレッジでの楽しみ方・まとめ

①のんびりした時間を過ごせて心は癒されるけど、移動と海で体は疲弊

②バスタブはあるけど、シンプルアメニティ

③海の音が気になる方は、水上コテージ不向き

④オールインクルーシブならホテルではチップのみ ※お酒飲みたい人は、オールインクルーシブ必須!

⑤海は遠浅で、子どもでも安心!

⑥シュノーケリングを楽しみたいなら、エンブドゥビレッジおすすめ 

1年ぶりの海外で、疲れたけど心も体もリフレッシュ!さて、次の海外は3月の上海です。

関連:モルディブ旅行記1(成田~マーレ国際空港) 快適な移動時間にするためのポイント

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。