恋ログ~下村さきオフィシャルサイト~

*

伊豆旅行記(愛犬と食事も観光も一緒に楽しめる1泊2日の旅)

      2017/06/24

我が家の愛犬ハッピーを連れて旅行に行ったことがなく、今年の目標でもぴーすけとの旅行を掲げていまして…ついに実現しました!

関連:2016 明けましておめでとうございます!今年1年の抱負宣言。

今回は、愛犬が一緒に泊まれる&楽しめるので有名な場所ということと、実家からのアクセスが良いところなどを考えて、行き先を伊豆に決定しました。1泊2日で、渋滞を避けてゆっくり出発。シニア犬なのでムリをさせないことを第一に考えてスケジュールゆったりにしてたけど、大満足の旅行ができました。では、以下に詳細を。

SPONSORED LINK

伊東マリンタウン『伊豆高原ビール』で愛犬と一緒にお昼ごはん

日曜13時頃、伊東マリンタウンに到着。

IMG_6040
わんちゃんの入れる足湯があったり、遊覧船があるので伊東マリンタウンに来てみました!

まずは、昼食。伊豆高原ビールはテラス席があるので、そこならわんちゃんと一緒にご飯を食べられます。

IMG_5994

お土産やさんに駅弁売ってたので、吠えるわんちゃんと一緒なら駅弁買って車の中っていう手もあるのかな。テラス席、わんちゃんたくさんいました。海鮮と定食系の他に、ピザ・パスタも。宿の夕食がお刺身なので、イタリアンをチョイス。テラスの目の前に足湯があります。でも温度が40度!暑いので素通り。

愛犬と一緒に乗れる遊覧船に乗車

悩んだけど、せっかくなので遊覧船乗ることに。30分に1便出てます。ご丁寧に「今日はちょっと水が濁ってて、沖で魚は見れません」と案内が。でもまぁ港では魚見れるとのことだったので、乗りました。

ネットにあがってたクーポンで200円引き、大人1600円が1400円です。わんちゃんは無料。ケージに入れる必要はないけれど、リードつけて乗りましょう。

IMG_5963

わかってはいたけど、全く興味を示さない我が家のお犬様。とりあえず両親に写真パシャパシャ撮られて、何が起こってるの?状態。一方の私たちは、可愛いわんことキレイなお魚のコラボ写真が撮れて大満足!

IMG_5971
船が動き出してしばらくすると、魚は皆無になりました。気泡だけが見えていて、ディズニーシーの海底2万マイルのよう。なので、1階に上がってみました。

IMG_5983

港から離れると、カモメたちが近くにやってきます。エサやりできるということで、船内で売ってたかっぱえびせんを購入し、あげてみることに。しかし、この子たちは人間の手からはもらい慣れていないようで、海に投げてあげると食べてました。直接手からあげられなくて、ちょっぴり残念。

更にしばらくすると、2階へも上がれるように。2階も屋根はあるのですが、陽があたるので暑かったです。

IMG_5985
港に近づくと、また魚が見れるのでまた最後に地下へ。最後もお魚見れて満足して下船しました。

IMG_5979

愛犬の健康祈願にパワースポット『神祗大社』

そこから、神祗大社へ。ここは、ペットの健康を祈る神社。

CIMG6716

鳥居をくぐって階段を上ると、床にたくさんの動物たちが書かれています。

CIMG6716

この絵を踏むと良いということで、たくさん踏んできました!うちのわんこにも!

CIMG6720

手を洗って、みんなで参拝。

CIMG6717

そして、ペット絵馬とお守りを購入。

IMG_5990

ボタンを押すと神主さんが出てきてくれて、みんなでお祓いを受けます。お守りは大事に持って帰ります。ペット絵馬は、自分で顔を描き、裏にペットの名前・飼い主の名前・願い事を書きます。

IMG_5989

今日の日付も書いてくださいねと言われて、最後に記入してきました。そして、かけてきました。

IMG_5992

アットホームな小さな隠れペット宿『ブランニューデイ』

時刻は16時、おばあちゃんわんこは疲れているので、この日はこれでおしまい。宿に向かいます。宿はここからすぐ…のはずが、ナビの通りに行くと「え、こんな道入るの!?」という場所。わからなくて宿に電話すると、そこであっているという。細い道をかたかたと進むと見えてきました。ホッ!ちなみに、私たちが通ったところじゃない道からも行けるので、大きい車はそちらをオススメ。帰りに使ったけど、こちらの方が断然楽でした。じゃらんに書いてあります。

背の高い黄色い宿なので、少し遠くからでも見えます。

IMG_5998

いまちょうど丸2年くらいになったそうです。オーナー夫婦は、とてもとても優しい方でした。オーナー夫婦の愛犬・マリンちゃんは去年16歳と8ヶ月で亡くなったそうで、シニア犬について母が色々話すのを「わかる〜」って聞いてくださってました。いま10歳以上のわんこは無料のキャンペーン中。我が家のお犬様は15歳と7ヶ月なので、ありがたくその恩恵を。

お部屋は4つ。でも満室になるとサービスが滞っちゃうとのことで、基本的に3つ埋まると締め切ってるそうです。この日は、私たちの他に一組のお客様が。

ルールを一部抜粋してご紹介。
・小型犬専用
・館内はリード着用必須
・温泉は、わんこ専用おけを利用
・夕食は18:30〜、朝食は8:00〜から。

たっぷりの夕食&朝食

夕食も朝食もおいしかったです。量もたくさんで、大満足。

夕食の前菜。食前酒の代わりに食前酢。

CIMG6734

続いて、伊豆といえば金目鯛!こちらはお刺身として食べるのと、お鍋でしゃぶしゃぶにするのとが乗ってます。お刺身もおいしいし、鍋も絶品!

CIMG6735

お鍋の具材も、伊豆のものを意識して使ってくださってるそうで、初めて見る野菜もたくさんありました。その土地の食材を使ってくださってるっていうのは旅行者にとってうれしい思い出になりますよね。

CIMG6736

アヒージョ。

CIMG6737

お米は、酵素玄米なるものらしい。うちの母が食べるのを楽しみにしていたものの一つで、体から悪いものを排出する効果があるらしいですよ!甘くておいしかったです。

CIMG6738

最後にデザート。

CIMG6739

朝食は、こちら!

CIMG6753

食事の間、わんこはわんこ用のおいすか床にいる感じ。我が家は、いすの上に。といっても、しょっちゅう母親のひざのほうにあがってましたけどね!ずっと良いにおいがしてるので、くんくんしっぱなしでちょいとかわいそうでした。ご飯、先にあげればよかった。

CIMG6730

朝食のあとは、かぶりもの撮影会。ひつじ犬とキティ犬をやらせました。

IMG_6024

ひつじはまぁまぁ馴染んでて可愛かったんだけど、キティちゃんは似合ってなさすぎて可愛かった。最高。

IMG_6058

愛犬も体験可の温泉

温泉は、入り放題。お部屋にあるお花を温泉入り口の花瓶に挿して「使用中」を伝えます。終わったらお部屋に持って帰るシステム。お花持ち帰り忘れてしまうひともいるそうで、他にも見分け方が。サンダルが4足用意されているので、4足そろっていれば誰も使っていないということ。なるほど。こちらが入口の写真。隣は冷蔵庫と自由に飲める飲み物も置いてくださってます。

CIMG6728

温泉はこんな感じ。人間用の湯船と、左の白いのが、わんこ用のおけ。

CIMG6729

湯船からお湯を汲んで、わんこ用の湯船をつくります。我が家のお犬様、されるがままで初・温泉!

IMG_6009

和室の様子

お部屋は、いたってシンプル。私たちは、和室をチョイスしましたが、和洋室もあるみたい。青い畳は、わんちゃんがなめても害がないようなもので防水してあるそう。

CIMG6725

テーブルには、お風呂に使うためのお花。

CIMG6726

お布団は自分たちで敷く制度です。扉を開けてから、奥の和室まで少し距離があって、そこはフローリングになっているので、わざわざカーペットしいてくださいました!おばあちゃんわんこはすべって危ないからね、ありがたかったです。

CIMG6724

こちらが洗面所。向かいに、個別のお風呂もあります。我が家は温泉利用なので、使いませんでしたが。

CIMG6727

ドッグラン

駐車場の後ろの扉を開ければ、ドッグラン!我がお犬様は、もともと散歩がそれほど好きでなく。今はおばあちゃんになったので、ドッグランにきてもドッグウォークですが。色んなわんちゃんのにおいがするみたいで、ずーっとにおいをかいで歩き回っていました。

IMG_6002

たくさんお世話になってチェックアウトは朝10時でしたが、渋滞にぶつからないように早く帰るために8時からの朝ごはんを終えて出発。お世話になりました、初めての愛犬との宿泊。おかげさまで、とても楽しかったです^^

大室山で愛犬リフト初体験

翌日は、いちばんに大室山へ。ここもペットの利用が可能なのです。私は、4年ぶり?の大室山で懐かしいーさて、リフトに乗車。リードしていればケージなくても大丈夫です。

IMG_6031

連日のお出かけ&知らない場所でのお泊りで疲れ切っているお犬様。ごめんね>< 嬉しいことにお天気良すぎて、頂上は風涼しいけど日差しが暑かったです。ので、わんこは下におろさず基本だっこ。

IMG_6038

IMG_6061

暑いので写真撮って満足。すぐに下山します。帰りもリフト。

愛犬一緒でOK。『ハーブビレッジ』で石鹸作り

続いて向かうのは、ハーブビレッジ。大通りから住所を頼りに一本道に入っていくと…これは迷います。「こんなところに本当にあるの?」と思うのですが、途中で地図が出てきたら正解。

IMG_6039

右上のハーブビレッジへ。かなり迷ったので、電話しながら向かいました。そして、ジブリの映画に出てきそうな山の奥で発見。

CIMG6762

30年とか長い期間営業しているそうで、最近はレストラン経営をやめたり縮小化しているみたいです。愉快なおじさまがラフ~に教えてくれます。というか、ほとんどおじさまが進めてしまいます笑 ハーブ選びから一緒にやるのかと思いきや、材料が出てきて、おじさまが混ぜて袋に入れたら渡されます。

CIMG6764

それをひたすらこねこね。(←ここで参加)こねたら、おじさまが分量をはかって、4つに分けます。3つは型に入れてならします。1つは丸くまるめて袋つめ。

IMG_6067

この丸いこは、すぐに使って良い用。かたくなっていないうちは、すぐに小さくなってしまうので、他の3つはかたくなるまで1週間おいてねと言われました。パパさんが一生懸命型につめてならしてくれました。

IMG_6064

出来上がったら、3つはおじさまがこんな可愛い袋につめてくれました。

IMG_6110

1週間たったので、あけてみました!

IMG_6219

使ったら、またご報告します。

愛犬と店内で食事できる『餃子こうげん倶楽部』

ハーブビレッジで石鹸作りのあとは、昼食をしに餃子こうげん倶楽部さんへ。

CIMG6767

とにかく暑かったので、テラスじゃなく店内で食事できることがありがたくて来ました。店内には、たくさんのわんちゃんの写真が。

CIMG6769

ちなみに、外には猫ちゃんたちがたくさん。保護猫ちゃんたちだそうです。動物に優しいお店ですね。

CIMG6766

涼しい店内でお食事、本当に嬉しかったー。こういうお店が都内にもたくさんあれば良いのにな。ハッピーは高速で動いたらしく、1枚の写真に2つの頭が撮影できてしまいました。

IMG_6069

餃子おいしくておなかいっぱい。そして、涼んでほっこり。

愛犬と巡る伊豆高原まとめ




①愛犬宿泊可の宿は『温泉』『プールあり』『小型犬のみ』など、条件を決めて検索すると◎

②愛犬と一緒に観光できる場所・食事どころもたくさん

③緊張により、いつもよりおしっこの回数が増える可能性あり。普段よりも注意を

④自宅で寝てるクッションなど簡単に持ち運べるものがあれば持って行ってあげると、においで落ち着くかも

 - 旅行 ,

SPONSORED LINK

  関連記事

伊豆旅行記(愛犬と食事も観光も一緒に楽しめる1泊2日の旅)
我が家の愛犬ハッピーを連れて旅行に行ったことがなく、今年の目標でもぴーすけとの旅 ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。