山形旅行記1 初日はレンタカーで蔵王エリアの山寺と御釜観光

47都道府県制覇しました!最後になったのは、山形県。母方の祖先の地。

SPONSORED LINK

東京から山形までのアクセス

東北新幹線つばさで東京から約3時間。昔、福島にある祖母の家までよくやまびこ使ってたけど、やまびことつばさが途中で切り離しになるって知らなかった。自由席使う方は、やまびこ乗るのかつばさ乗るのか気を付けないと、行きたいところに行けなくなっちゃいます。

7時過ぎに東京駅を出発して、10時すぎに山形駅に到着。西口のオリックスレンタカーで車を借ります。レンタカーは、初日10:30〜3日目の11時までで補償つけてNOTEが1万ちょっとでした。安いので、いつもお世話になってます。JALマイルも溜まるし!

山形駅から山寺へ

初日は、宿泊先の蔵王温泉からあまり離れない場所の観光ということで、山寺と御釜を予定していました。で、最初の目的地は山寺です。

山寺とは?

貞観2年、慈覚大師が開いた天台宗の寺で、俳人・松尾芭蕉が「閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声」と詠んだことで有名です。文字の通り山の上に寺があり、下から見上げても上の寺から下の景色を眺めても素敵な寺です。ちなみに天台宗は、手をたたかずに合掌します。

山形駅から山寺までのアクセス

電車の場合は、山形駅からJR仙山線で20分山寺駅で降りて参道口まで5~10分ほど歩きます。お土産屋さんが並んでいるので、楽しいです。

CIMG7150

私たちは車なので、一般道を30分ほど走って登山口近くのふもとや本店さんに停めました。300円のお店が一番安かったですが、ふもとや本店は500円。1000円以上買い物や食事をすると駐車場代は無料になります。お店の利用がない方は、300円のところが良いかも。登山口にもかなり近いので、奥まで進んでみてください。

山寺観光

山寺での目的は、山形名物の玉こんにゃくを食べることと写経をすることと頂上まで登ってお参りすること。

CIMG7153

玉こんにゃく体験

登山口の階段を登ると、根本中堂が見えてきます。

CIMG7155

通り過ぎ、芭蕉像を越えて進んでいくと、お店があります。

CIMG7156

出来立ての山形名物・玉こんにゃくを食べられます。

CIMG7157

1本100円でおいしい♡

CIMG7158 - コピー

旦那さんハマりすぎて、山寺で2本と翌日の羽黒山でも食べてました。甘く煮つけてありますが、お好みでからしつけてくれるので甘いの苦手な方でもおいしく食べられるかと。

写経体験

目の前にある念仏堂は、別名修行道場と呼ばれていて、中で写経の体験ができます。

CIMG7159

予約も必要なく、中に準備されているので自分たちで始めて大丈夫。

CIMG7161

書き終えたら、1000円とともにお供えします。これが写経のルール。

CIMG7166

1時間かかったので、子どもだと集中力もたないかも…?でも良い体験でした。川の音とみんなが鳴らす鐘の音を聞きながら、ひたすら書き写し。優雅で癒される時間です。

IMG_7043

入山して頂上へ

念仏堂のすぐ先には山門が。

CIMG7174

ここで大人300円の入山料を払って階段を登ります。奥の院まで行くと900段以上にも…!でも、羽黒山に比べたら全然大丈夫でした。

CIMG7175

仁王門、納経堂・開山堂・五大堂を経て奥之院・大仏殿に到着。

CIMG7184

山門から20分ほどで着きました。そのあとは、山寺ならではの写真を撮りながら降りていきます。

CIMG7186

CIMG7190

山門登り始めて奥の院まで行き、写真撮りながら降りて行ってちょうど往復40分で下山となりました。写経なしなら1時間~1時間半見ておけば良いと思います。

ふもとや本店で名物・下足天かけそばランチ

下山と同時に雨が降り出しました…これから御釜に行くのにと思いつつ、祈る気持ちで駐車場を借りたふもとや本店の食事処で遅いお昼ご飯を。旦那さんは山形名物・下足天かけそば、私は下足天うどんを。

CIMG7193

おいしかったー!けど、既に13:30すぎ。夕飯を考えたら、少しおさえて食べるべきでした。

山寺から御釜へ

雨は続いていましたが、信じて御釜へ。休憩20分ほど含んで、山寺を出発してから約2時間で御釜に到着しました。

御釜とは?

火山の噴火口に水がたまってできたカルデラ湖です。釜のような形をしていることから名付けられていて、晴れた日にはエメラルドグリーン色の湖面を見ることができる人気の観光スポット。蔵王エコーライン・蔵王ハイラインというドライブルートの途中の宮城県蔵王国定公園内にあります。ここ、宮城県なんですねぇ。山形県だと思ってました!火山なので噴火情報を見てからお出かけください。

山川牧場(蔵王マウンテンファーム)で休憩

道中で見つけた山川牧場で休憩。

CIMG7195-1

雨降りだったので、動物には会えませんでしたが、ソフトクリームとコーヒーで一休みしました。ソフトクリームは、牧場ならではの濃厚ソフト!280円と値段も良心的で大満足です。

CIMG7194 - コピー

御釜へのアクセス

御釜へは、蔵王刈田リフトに乗っていくか蔵王ハイライン(540円)を通って行くしかありません。で、リフトを見てみると…大雨のせいか運行していない…。これはダメかな?と思いましたが、諦めずに蔵王ハイラインを通って御釜の手前にある駐車場まで行ってみることに。

御釜観光

駐車場に車を置いたら、蔵王山頂レストハウスを通り抜けて御釜付近へ。晴れた日にはエメラルドグリーンの美しい湖面を見ることができると言われている御釜は…エメラルドグリーンどころか何も見えませんでした。残念すぎて笑えました。

IMG_7046

晴れていても見えない日も多いようで、エメラルドグリーンの湖面が見られるのはかなりの運が必要かもしれません。ちなみに映画『君の名は。』で出てくる糸守湖(モデルは、長野県の諏訪湖と言われています)に似てるんですよ!

関連:【心が洗われる距離と時間の青春映画】映画『君の名は。』レビュー

御釜の写真見せられなくて申し訳ないです…。気になる方は、調べてみてください。すごい素敵です!

さて、初日の観光はここまで。観光の続きと、宿泊宿のレビューはまた後日。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。