恋愛小説『忘れたくない恋をした』17

★忘れたくない恋をした★17

ASG43660142

「もしもし、吉村です。お疲れさまです。」
電話の相手が出る。でも、思っていたいつもの対応と違う。

「何が、吉村です!お疲れさまです!よ」
不機嫌な声が、のどの奥から出てきた。可愛くない、媚びない、男友達に対して使う用のあたしの声。

SPONSORED LINK

「どうしたんですか、こんな遅くに」
「だから、何なの?」
ばかにされているのだろうか。もう、慣れてはいることだけど。

「寒っ!」
「え、外なの?」
「いや、いま電話取るために部屋出てきた」
「女の家?あたしからの電話をカモフラージュするための敬語?」
「いや、自分の家だよ。ただ、珍しく相方が語ってるとこ電話とるの悪いかと思って、出てきた。しかし寒いな。ていうか、お前からの電話なら女の部屋にいたって、フツーに出るわ」
相方というのは、吉村が一緒に住んでいる幼馴染のことだ。ちゃんと話したことはないけど、高校は3人とも一緒だった。調子がよく、男女問わずに八方美人な吉村とは違って、中野くんは、心を開いた人としか仲良くしていなさそうな印象がある。特に、女の子に対してそれは顕著で、私は吉村とこれだけ仲がよくても、中野くんが笑顔になっている場面に遭遇したことがない。

「あ、そう。寒いとこ電話とるために、わざわざ外出てもらっちゃって悪かったね」
「いや、別に。で、何かあった?」
確かに、理由もなく電話したわけではない。いつもそうだから、吉村はちゃんと分かっていた。

「…なんか、気分が冴えなくて」
「お前なぁ、気分が冴えないときに電話する相手が俺って、おかしいだろ。寂しい女」
「あんたには何言われても、傷つかないようにできてるのよね、あたし」
ふーん、と吉村が気のない返事をしたのが聞こえた。

そう、あの日から。あたしは、あんたの言葉や行動にいちいち傷つくのはやめたの。ずっと、あんたの一番の女友達でいるために。一生、そばにいるための方法がそれしかなかったから。

関連:恋愛小説『忘れたくない恋をした』18

↓『恋愛小説』 『恋愛テクニック』 ランキングに参加中!

人気ブログランキングへ

===============================

書籍(恋愛エッセイ)

わけもなく男が魅かれる女 50のルール(三笠書房)

わけもなく男が魅かれる女50のルール: 心をつかまえる会話、行動、雰囲気…… (王様文庫)

新品価格

¥637から

(2016/6/29 13:20時点)

電子書籍(恋愛エッセイ)

彼女が別れを決意する恋愛NGアクション(オープンアップス)

彼女が「別れ」を決意する恋愛NGアクション

短編恋愛小説(恋愛小説)

恋ログ ~小説置き場~

ブログ内連載(恋愛小説)

忘れたくない恋をした

ブログ内連載(恋愛エッセイ)

恋愛が教えてくれたこと

男の浮気事典AtoZ

合コンでムリめ女子を落とす方法

恋愛デトックス

ブログ内連載(恋愛ハウツー小説)

恋愛勉強中。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。