恋愛ハウツー小説『恋愛勉強中。』5

★恋愛勉強中。★5

P1010620.jpg

月曜、お昼。

「黒木せんぱいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!」
「お疲れ、ちゆき。・・・今日は、なんだか不思議ちゃん狙い?」
「先輩まで・・・!ひどい!!」
「え、別にひどいこと言ってないんだけど・・・」

先週の金曜日、しまでやった飲み会。神田さんが着てたレトロワンピが、男性陣にとっても好評で。だから、わざわざ週末に似たような系統の洋服買ってきたのに・・・高かったのに・・・

SPONSORED LINK

「神田さんのときにはみんな褒めちぎってたくせに、今日の私に対しては『おう、時代間違えたか』って、ディスってくるんですよ!ひいきだ!」
「なるほどね~・・・」

やっぱり、女は若さなの!?それにしても、あからさますぎてムカつく~!神田さんに「先輩、すごく似合ってますよ♪」とか、かばわれたことも切ない・・・

「ひどいですよね!?私の3万返せ・・・」
「気持ちは分かるけど・・・ちゆき、人のマネしたってダメなときってあるよ。だって神田さんは神田さんで、ちゆきはちゆきだもん!」
「私には似合わないってことですか?」
「ん~厳しい言い方だと、そうかな。でもさ、考えたら分かるはず。世の中、すべて担当制大人が子どものようにふるまったからって、子どもと同じくらい無邪気に見えるってありえないでしょ?」
「確かに、そうですね」
「神田さんには神田さんの土俵があって、ちゆきにはちゆきの土俵があるわけ。だから、自分の土俵の上で勝負しないと!」
「土俵・・・」
「そう!人の土俵で勝負したら、負けちゃうよーちゆきは、そうだな。私は、いつものパンツスタイルの方が好きだし、ちゆきらしさがあると思うよ。逆に、神田さんはスカートの方が良さが出る感じかな」

自分の土俵、か・・・。人の得意分野で対抗するよりも、自分の長所をアピールした方が良いってことか。確かに、その通りだ。

「先輩、なんだかすごい分かった気がします!」
「良かった、じゃあお昼行こ~」
「はい。でも理解したら急に恥ずかしくなったんで、社内の人となるべく会わなさそうなお店でお願いします・・・」
「あはは!その服はかなり個性的だけど、ちゆきのスカート姿なかなかイケてるから大丈夫だよ~」
「全然、説得力ないですよ~・・・!!」

・・・!だから、合コンで神田さんの可愛い仕草マネしてもウケないのか!!

★人の土俵で勝負しない★

関連:恋愛ハウツー小説『恋愛勉強中。』6

↓『恋愛小説』 『恋愛テクニック』 ランキングに参加中!

人気ブログランキングへ

===============================

書籍(恋愛エッセイ)

わけもなく男が魅かれる女 50のルール(三笠書房)

わけもなく男が魅かれる女50のルール: 心をつかまえる会話、行動、雰囲気…… (王様文庫)

新品価格

¥637から

(2016/6/29 13:20時点)

電子書籍(恋愛エッセイ)

彼女が別れを決意する恋愛NGアクション(オープンアップス)

彼女が「別れ」を決意する恋愛NGアクション

短編恋愛小説(恋愛小説)

恋ログ ~小説置き場~

ブログ内連載(恋愛小説)

忘れたくない恋をした

ブログ内連載(恋愛エッセイ)

恋愛が教えてくれたこと

男の浮気事典AtoZ

合コンでムリめ女子を落とす方法

恋愛デトックス

ブログ内連載(恋愛ハウツー小説)

恋愛勉強中。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。