恋ログ~下村さきオフィシャルサイト~

*

【直木賞・吉川英治文学新人賞候補作品】空飛ぶタイヤ/池井戸潤(実業之日本社文庫)

   

この方の小説を読むと、サラリーマンになりたくなります。

SPONSORED LINK

空飛ぶタイヤ/池井戸潤(実業之日本社文庫)

空飛ぶタイヤ (実業之日本社文庫)

新品価格
¥1,080から
(2017/4/6 15:19時点)

〇あらすじ

走行中のトレーラーからタイヤが外れ、歩行中の母子に激突。子どもはかすり傷で助かったが、母は即死状態の事故が起きる。トレーラーを走らせていたのは、中小企業の赤松運送。使っていたトレーラーは、名門大企業のホープ自動車のものだった。

ホープ自動車による調査結果は「整備不良」。警察からの家宅捜索に遭い、容疑者とされた赤松運送社長の赤松は、調査結果に疑問を持つ。「本当に、整備不良が原因なのか?」事故の真相は。

 

〇感想

フィクションということになってますが、読めば「ホープ自動車」がどの会社のことなのか「ホープ銀行」は、「赤松運送」は?…というところが全て読めてきます。元になっている事実はあるのかと。もちろん、小説と実際の事件の経過は違うのかもしれませんが。

事故に関る全ての人の心理・思惑・非情…様々な人間的な感情がふんだんに盛り込まれています。「これ以上の悲劇はないだろう…」というところに乗っかる中小企業への不遇、中小企業をなめきった大企業の対応、大企業の中でも組織に疑問を持つ人間、捨てる銀行・拾う銀行。…と、働いていればよくある話なのだけど、こんな風に小説にまとめられると本当にサラリーマンってカッコ良いなと思えます。大沢在昌氏が「池井戸潤氏は、集団を描くのが得意な作家」と称してましたが、本当にそう思う。色々な人の立場から視点から、企業だったり働くことだったりを毎度考えさせられます。

 - 本・映画紹介 , ,

SPONSORED LINK

  関連記事

【直木賞・吉川英治文学新人賞候補作品】空飛ぶタイヤ/池井戸潤(実業之日本社文庫)
この方の小説を読むと、サラリーマンになりたくなります。 SPONSORED LI ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。