恋ログ~下村さきオフィシャルサイト~

*

【バブル時代のバリキャリアラサー独女の意地と葛藤】その手をにぎりたい/柚木麻子(小学館)

      2016/11/12

土曜日。予定のない週末、バリキャリ女子向けの本紹介です。

SPONSORED LINK

その手をにぎりたい/柚木麻子(小学館)

 

その手をにぎりたい

新品価格
¥1,404から
(2016/11/9 12:16時点)

〇あらすじ

1983年6月、東京でOLをしていた25歳の青子は会社をやめて田舎の栃木に帰る決意をした。東京の思い出にと、会社の上司が連れて行ってくれたのは銀座の高級すし「すし静」。その「すし静」での経験、若い板前・一ノ瀬との出会いが、青子の気持ちを変える。その後青子は不動産会社に転職し、「自分の稼いだお金ですし静に通い続ける」と決め、座るだけで3万円のすし静の常連客となっていく。

現代で言うバリキャリ女子の先駆けとして仕事で成果を出し、誰にも頼らず強く生きていくことを選んだ青子と一ノ瀬との関係は?

 

〇感想

恋愛小説…なんだろうけど、バリキャリとして生きた不器用なアラサー女性の10年間の人生を見た感じ。仕事もプライベートも見せてもらって、「そうだよね。いろんな意地があるよね、葛藤があるよね。ムカつくこともあるけど、いちいち怒ってもいられないよね。人の人生は人の人生だし、気持ちには変化があるし。本当に甘えたい人にはうまく甘えられなかったりするよね…」と、なんかもう全部共感。…とはいえ、私はたぶん全然性格似てないけど。

バリキャリのアラサー独女が読んで、「こういう風に自分を貫く人生っていいな」と思ったり、「もう少し自分の気持ちに素直になった方が良いのかも」と思ったり、「仕事って、しょせんは仕事。一生懸命やるのも良いけど、そうじゃないことに情熱を注ぐのもありかも」と感じたり様々あると思うけど、『人の人生』として見てみて、今後の自分の進みたい道が見えてきたら良いんじゃないかな。もちろん、バブル描写は役に立たないと思うけど、そこの部分無視しても十分今に置き換えられると思う。

それにしても、柚木麻子先生の食べ物描写ってなんでこんなにうまいのだろうか。お寿司食べたい、お寿司食べたい、お寿司食べたい。

 - 本・映画紹介 , ,

SPONSORED LINK

  関連記事

【バブル時代のバリキャリアラサー独女の意地と葛藤】その手をにぎりたい/柚木麻子(小学館)
土曜日。予定のない週末、バリキャリ女子向けの本紹介です。 SPONSORED L ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。