恋ログ~下村さきオフィシャルサイト~

*

【『2番目に好きな人』問題】マチネの終わりに/平野啓一郎(毎日新聞出版)

      2017/06/24

ドラマ「あなたのことはそれほど」が最終回を迎えました。シリーズ中、話題になった「2番目に好きな人」問題、この本でもテーマになってます。

SPONSORED LINK

マチネの終わりに/平野啓一郎(毎日新聞出版)

マチネの終わりに

新品価格
¥1,836から
(2017/6/21 16:06時点)

〇あらすじ

38歳の天才ギタリスト・蒔野聡史は、人気アーティスト。あまり満足のいく出来ではなかった公演が終わったあと、一人控室に閉じこもるほど落ち込んでいた日に、知り合いが連れてきた40歳のジャーナリスト・小峰洋子と出会う。その日のひどい出来を忘れてしまうくらい、洋子との会話を楽しんだ蒔野は、洋子にアメリカ人の婚約者がいることを知りながらも彼女のことが忘れられない。

一方の洋子も、出会ったときから蒔野にひかれている自分を感じていた。一時帰国の日本からバグダッドに戻った洋子は、間近でテロを体験し、PTSDに悩まされる。その後、会社のあるフランスに戻れたが、PTSDのことは蒔野に告げていなかった。

蒔野も自分のスランプ状態を洋子には話さず、2人はフランスで再会する。そして、蒔野は自分の想いを告白し、洋子は次に会うときまでに返事を決めておくことを約束する。

洋子が「見に行く」と約束していた蒔野のコンサートが始まるが、最後まで洋子は会場に現れなかった。それが彼女の答えだと壇上で知った蒔野は、途中で演奏をやめてしまう。だが、洋子は理由があってコンサート会場に来られなかっただけだった。その理由とは。そして、2人が出した大人の恋愛の結論とは。

 

〇感想

なんとも高尚な文章の集まりでした。頭が良い人って、こんな風にチョイスする言葉も違うんだなと思わされて、自分のバカさ加減をしみじみ感じながらの読書でした…。

元来恋愛小説は苦手な私でも、最後まで鳥肌立てずに読めたのは大人の恋愛だったからだと思います。かといって堅苦しい感じではなく、わかりやすく「2番目に好きな人」問題がテーマなので読みやすいです。どこまでいってもすれ違う恋愛ってあるよね、タイミングなんかが重なって成就する恋愛ってあるよね、と共感しやすいかと。あまりにも色々なトラブルが重なるから、現実的じゃないと感じる人もいるかもしれませんが、現実の恋愛ってむしろこれ以上に色々なトラブルが起こるもんだと私は感じてます。

わかりやすいテーマを高尚な言葉で語られ、お花畑すぎず現実的な恋愛模様の小説でおなかいっぱいになりました。

 - 本・映画紹介 , ,

SPONSORED LINK

  関連記事

【『2番目に好きな人』問題】マチネの終わりに/平野啓一郎(毎日新聞出版)
ドラマ「あなたのことはそれほど」が最終回を迎えました。シリーズ中、話題になった「 ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。