恋ログ~下村さきオフィシャルサイト~

*

【第15回このミステリーがすごい!大賞受賞作】がん消滅の罠ー完全寛解の謎/岩木一麻(宝島社)

      2017/06/26

このミス受賞作は、いつも面白いです。今回もあっという間に読みました。

SPONSORED LINK

がん消滅の罠ー完全寛解の謎/岩木一麻(宝島社)

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)

新品価格
¥1,400から
(2017/6/23 20:36時点)

〇あらすじ

生命保険会社に勤務する森川は、部下の水嶋から不正受給の可能性がある件について報告を受ける。医師から余命半年の宣告を受けた肺腺がん患者が、リビングニーズ特約を利用し生前給付金3,000万円を受け取ったあとも生き続け、がんがすっかり消え去ったという内容だった。そして、その余命半年宣告をした日本がんセンター呼吸器内科の医師・夏目は森川の旧友だった。

森川は、夏目と夏目の妻・紗希、夏目の同僚・羽鳥を集め、不正受給の件を相談する。4人はかつての同級生で、最初は「偶然起こったことだろう」と酒のつまみの話題くらいにとらえていた。調査をしてみるが、怪しい点はなく結局調査は終了となった。

しかし、その後、同様に余命半年の宣告を受けリビングニーズで生前給付金を受けた患者が、がんがすっかり消えた状態で生き続けているという事例が他に3例あることがわかる。水嶋がデータをまとめた結果、湾岸医療センターという病院が関わっていることが発覚する。湾岸医療センターの理事長は、夏目の恩師で、数年前から所在がわからなくなっていた西條であった…。

 

〇感想 ※ネタバレ注意

「このミス」受賞作ならではの、オチの2枚岩。面白かったです。

医療ものは理解が難しいイメージがありますが、医師が患者に対してや、夏目の妻で医療分野素人の紗希に説明しているシーンで、一般読者でもしっかり理解できるように書かれてます。

それにしても、がんが本当に治るなら…良いのにね。

 - 本・映画紹介 , ,

SPONSORED LINK

  関連記事

【第15回このミステリーがすごい!大賞受賞作】がん消滅の罠ー完全寛解の謎/岩木一麻(宝島社)
このミス受賞作は、いつも面白いです。今回もあっという間に読みました。 SPONS ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。