【「その女アレックス」の前に読むべき】悲しみのイレーヌ/ピエール・ルメートル(文藝春秋)

おはようございます!ずっと気になってたピエール・ルメートル氏の日本語訳2冊目を読破。ということで、本紹介です。

SPONSORED LINK

悲しみのイレーヌ/ピエール・ルメートル(文藝春秋)

悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3)

新品価格
¥929から
(2016/8/26 16:47時点)

○あらすじ

二人の女性の惨殺事件が勃発。カミーユ・ヴェルーヴェン警部は、部下たちとともに捜査に乗り出す。しかし、現場に残されたものからは、まるで手がかりがつかめず、理解のできないことばかりで捜査は難航する。カミーユには妊娠中の妻がおり、仕事ばかりでなかなか一緒にいられないことも悩みの種となっていた。
やがて、今回の事件で残されていた犯人の署名があった過去の未解決事件が発覚し、事件は連続殺人事件と断定される。そして2つの事件が小説を模作していることが分かるが、その事実が先に新聞に抜かれてしまい、警察の動きが丸わかりに。新聞社に情報を流しているとして、事件当時アリバイのなかった容疑者を逮捕するが…。

 

○感想

さて、ルメール・ピエートル氏のカミーユ・ヴェルーヴェン警部の小説は2冊あります。最初がこの「悲しみのイレーヌ」、2作目が「その女アレックス」です。でも、フランスで特に人気になったのが「その女アレックス」。だから、日本でも先に発売になっているんですね、シリーズものの第2作のほうが。おかげで、私も既に「その女アレックス」を読破済み。あとから、そうと知らずに時系列を遡って第1作を読んだもので…もちろんネタバレ尽くしです。

関連:【2014年、このミステリーがすごい!1位】その女アレックス/ピエール・ルメートル(文藝春秋)

なので、これから読む人は、「その女アレックス」より前に、この「悲しみのイレーヌ」を読んだほうが良いかと!そうしないと、「悲しみのイレーヌ」の結末が最初からわかっちゃいます。
さて、本作の感想。「その女アレックス」のときにも思ったけど、ピエール・ルメートル氏の作品では、非情にもたくさんの人が死にます。殺され方の描写も、痛めつけられ方も結構な感じで、気持ち悪さもあります。だけど、それ以上に面白くてやめられません。今回の「悲しみのイレーヌ」では、第1章と第2章という分け方がされていて、第2章が始まるまで第1章がどうしてこれほど長くなっているのかに気付かず驚きます。第2章での登場人物たちの焦り具合がものすごい伝わって、こちらも読むスピードがあがり、あっという間に読み終わり。そして、もう一度「その女アレックス」を読み直したくなるのでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。