悪口が響かない人になる【恋愛が教えてくれたこと】⑬

人生では、いろいろなことを学びます。

学ぶ場所は学校での友達関係、先生との関係であったり、会社での仕事だったり、人間関係だったり、様々です。

読んだ本から学ぶこともたくさんありますし、映画やゲーム、マンガ、趣味、スポーツ、例を挙げればキリがありません。

 

そんな中で、恋愛から学ぶことも多いもの。

友人関係、家族関係とは違った、だけどそれと同等に、時にはそれ以上に関わりの深い彼氏・彼女という恋人との間にはとても不思議な空気感があります。

 

ここでは、私が恋愛で学んだこと、恋愛が教えてくれたことをまとめています。

SPONSORED LINK

恋愛が教えてくれたこと ⑬悪口が響かない人になる

DSC_0178

昔付き合っていた彼から「さきは、俺のことをバカにしてる」と唐突に言われて、死ぬほど驚いたことがありました。

 

ありきたりだけど、私はそんなつもり全くなかったから。

思い当たることもなければ、直近でそんな話をしたこともない。

一体、なぜ…?状態です。

 

どうやら私がよく大学の話をするのが自慢話に聞こえるそうで、

=イコール、自分のことをバカにしている、と。

え?

ちょっと、卑屈すぎない?

 

でも、話を聞いてみて分かったことが一つ。

彼が、自分の学歴にコンプレックスを持っている、ということ。

 

よく、「彼氏に○○って言われた、ムカつく!」って言ってる女の子がいます。

別に恋愛に限らず、友達や家族なんかでもよくある話。

テレビやネットで叩かれてる著名人なんて、知り合いでもない人から悪口言われてるしね。

 

・太ってる

・面白くない

・服や髪型がダサい

・調子に乗ってる

・可愛くない

・ブサイク

・・・などなど。

 

で、言われてもぜーんぜん気にしない人と、気にする人がいる。

気にしない人の中には「人は人、私は私」「人の評価なんて気にならない」ってスタイルだからっていう人もいるけど、それともう一つ気にしないでいられる理由があるんです。

 

それは、『言われている悪口に、自覚がないこと』

 

要するに、悪口に反応しちゃう人って”自覚がある”人なんですよ。

思い当たることがあるから、指摘されてムッとする。

 

だから、悪口が響かない人になれば良いんですよね。

コンプレックスを持たなければ、周りから何を言われても気にならなくなります。

 

コンプレックスに思わないようにするのが難しいなら、指摘されないように、その短所が気にならないくらい長所を伸ばせば良いんです。

当時の私が、学歴なんて気にならないくらい彼のことを好きだったように。

関連:恋愛が教えてくれたこと一覧

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。