都内の引っ越し。大手業者の見積とってわかった相場と費用を安くする方法

知人が近く引っ越すらしく、「引っ越し業者どんな感じだった?」と聞かれたので、私たちの引っ越しについてまとめてみることにしました。

SPONSORED LINK

私たちの引っ越し概要

IMG_4195.jpg

家族構成

・・・私と旦那さんの夫婦2人 ※岡崎体育さんの『家族構成』が大好きです

荷物量

・・・テレビ39型・テレビ台・冷蔵庫415L・縦型洗濯機7kg・ソファ(2人掛けだけど大型)・ローテーブル・タンス・ダブルベッド・エアコン1つ・パソコン台・キャリーケース2つ・スノボバッグ・ゴルフバッグ・3段ボックス4つ・衣類や食器などダンボール大小30個弱

移動時間

・・・都内 ⇒ 都内 ※区は変わりますが、車で5分の距離。笑

新しい家

・・・新築マンションのため、搬入時間に限りあり

引っ越し時期

・・・12月

まずは、引っ越し業者の一括見積をとってみた

新築なので幹事会社の引っ越し業者もありましたが、まずはネットで見つけた『引越し達人セレクト』で一括見積を。ここのサイトに決めたのは、『アート』『アリさん』『ハート』があったから。アートは、実家の引っ越しでお世話になったことがあってすごく良かったのと、アリさんは兄夫婦の引っ越しで使って安かったって聞いてたので。ハートは安いイメージがあったので、とりあえずここ3社聞きたいなっていうので頼みました。

お客様情報・引っ越し内容を入力して完了すると、確認の電話がかかってきます。一括見積依頼した旨を伝えると、その情報が一気に各引っ越し業者に。5分後から、一気にケータイがなりだしました…。結局、『アート』『サカイ』『アーク』『アリさん』『ハート』の順に見積が決定。ネットで大体の金額出るのかと思いきや、やはり荷物量見ないといけないとのことで5社すべてが自宅に来ることに。



 

アート引越センター

営業マン

・・・ものすごい人の良さそうな若めの営業マン1人

感想

・・・テキパキ系ではないけど、ムダな話はないしゆったりと見積。家の中の荷物を見てまわって、持っていくもの・持っていかないものの確認をし、端末に打ち込むと自動で金額が出てくる。ので、見積自体の待ち時間は短くて済みました。

値段

・・・まさかの10万円越え。えぇっ、嘘でしょ?

交渉

・・・「高いですね…」と言ったら、あははって笑ってた。頑張れるかもしれないので、ご相談くださいって言われて、「じゃあ、ちょっと主人と話してみます」と言って終了。その場での押しは一切なし。やりやすいけど、これは下がらないんだろうなと思いました。

サカイ引越センター

営業マン

・・・新卒(自分で言ってた)の男の子1人

感想

・・・うーん、、、新卒の中でも仕事ができなさそうな、、、。多分コミュニケーションを大切にって思ってるんだろうけど、こっちは30分くらいで終わるって聞いてて、後ろに予定を入れているわけで。話は良いから、手を進めてくれと思って見ていました。専用端末はあるらしいですが、新卒はまだ持たせてもらえないんだと言ってすべてが手書き。そりゃ時間かかるよね…

値段

・・・約10万円。既に安くても頼む気はなかったのに10万円って。

交渉

・・・心の中は「ないな」一択だったけど、日本人的気質で「頼みません」とはその場で言えず、「主人と相談して決めますね。お願いするときはこちらからお電話します」と言って帰らせる。帰り際、「上司と相談もできますので」との常套句を残して去る。

アーク引越センター

営業マン

・・・ゴリゴリ体育会系の営業マンと見習いだという人がついてきて2人。サカイが時間のびのびだったので、アークさんはサカイの最後を一緒に見ていたという謎な状況。サカイいなくなったあとに「あの子、若い子ですか?」と私に聞いてくる。「新卒らしいですよ」と答えると、「新卒が一人で…!説明とか大丈夫だったんですか?」と、なんだかその後も他社批判。ゴリゴリ営業マンが苦手な私は、最初から押され気味。

感想

・・・見習いさんに教えてるので、2人で見てまわって何やら話をしている。時間としては一番短かったです。その理由は、下記の通り。

値段

・・・それまでアート・サカイは荷物量見て、しっかりと紙に値段起こして説明してくれたけど、アークさんは「奥さん、即決なら5万でやります!」の一言。きゃー怖い…安いけど、とにかく怖い。アークさんなんてそれまで聞いたこともなかったし!

交渉

・・・「すみません、主人と相談しないとなので即決は無理です…」と言うも、「今までどこ見積しました?アートとサカイ?じゃあ、ものすごい高かったんじゃないですか?5万円って破格ですよ!」と言われる。でも、兄夫婦アリさんでもっと安かったって言ってたしなぁ…5万円ってそんなに安いの?それ、相場じゃないの?と聞く私。「いや、破格です。むしろ、これで持ち帰っても上司にダメって言われる可能性あります。なので、もちろん持ち帰ってダメだったらうちはあきらめます。だけど、OKだったらキャンセルはできません」と。怖いので、「すみません、結構です」と言う。すると、向こうも「では、諦めます」で帰っていきました。見積書も名刺も置かずに。ひたすら怖かったよー…

アリさんマークの引越社

営業マン

・・・40~50代くらの男性営業マン。普通。

感想

・・・アートさんから若さをひいた感じ。早いけど、「頼みたい!」とも思わせられない。

値段

・・・約10万円。

交渉

・・・下がるものですか?と聞いてみたら、これが相場だと思いますとのこと。安ければ頼みたい会社って感じだったので、じゃあ良いやと思って「わかりました」で帰ってもらった。「依頼する場合は連絡ください」とだけ言われて、さっぱりとした対応。

ハート引越センター

営業マン

・・・40代くらいの男性営業マン。活気がない。

感想

・・・アリさんと同じ感じ。見積の時間は短め。世間話は一切なし。

値段

・・・約11万円。高い!

交渉

・・・私「わかりました、検討します」ハートさん「何かあれば連絡ください(帰宅)」営業する気あるのかしら…


その後の各引っ越し業者とのやりとり

アートさんとサカイから電話がかかってきました。アークさんには私から電話。

アート引越センター

営業マン 「他社さんと比較していかがでしたか?」

私 「そこまで違うわけではないですが、アートさんが一番高いんですよね…」

営業マン 「じゃあ、ちょっと上司と相談しますね(保留)10万円で大丈夫です」

私 「うーん…ちょっと考えたいです」

営業マン 「いま決めてもらえれば10万ですが、後日だとこの金額は厳しいです」

私 「わかりました。じゃあ諦めます」

サカイ引越センター

営業マン 「ご検討いただけましたか?」

私 「頼む場合は、こちらから連絡しますので・・・」

営業マン 「いつ頃になりますか?」

私 「今週中には」

営業マン 「わかりました」 ・・・以後、連絡なし

アーク引越センター

私 「先日、見積お願いした件でご連絡したんですが」

電話取次 「すみません、どの営業マンが対応したのかわかりません。名前をお教えください」

私 「名刺も見積書ももらってないんです」

電話取次 「わからないので、別の営業にいったんおつなぎします」

営業マン 「ざっくりと概要教えてください」

私 「新築への一斉入居で、夫婦2人の都内移動で~…」

営業マン 「10万ですね」

私 「こないだ5万円って言われたんですけど」

営業マン 「そのときはできたのかもしれませんが、相場が大体10万です。それで5万は無理ですね」

私 「(こないだのはなんだったんだろう)」

夫婦2人でこの近さの引っ越しがなぜ高い?

ここまで来て、持ち駒ゼロになった私。で、幹事会社に連絡してみた。

幹事会社の見積

営業マン

・・・40代くらいの男性営業マン1人。とても良い雰囲気。

感想

・・・「これまで他社さん見積もらいましたか?」と聞かれたので、アートとアークとサカイの結果を伝えてみた。家の中を見てまわり、紙に書く方式。でも、10分くらいですぐ済んだ。

値段

・・・「他社さんの相場が10万円ですよね。じゃあ、こんなところでどうでしょうかと9万円の見積。

交渉

・・・この日はいったん帰宅してもらったけど、後日電話すると「気持ち分頑張って85,000円で」と。最終的に幹事会社で決定。

値段が高くなる理由

幹事会社さんから色々聞けたので、わかったことがあります。

1.新築マンションの一斉入居

・・・これで時間帯が決まってしまうため高くなる。少しでも下げるためには、一斉入居の時間を午後にすると良いです。搬出を午前中にやって搬入を午後にできるので。搬入が午前だと前日に搬出になるため、値段がさらに上がります。一斉入居じゃない場合は、「〇日の時間帯不定で大丈夫です」というと安くなるとのこと。

2.時期

・・・3月と9月が繁忙期かと思っていたら、次いで忙しいのが12月~2月とのこと。年内に引っ越ししてしまいたいというのと、1~2月は4月からの生活が変わる人たちが早めに移動したりするからだそうです。なるほど。

3.家電・家具の量と大きさ

・・・冷蔵庫・洗濯機・テレビなど、2人暮らしとはいえ4人家族でも対応できる大きさのものを使っていること、ダブルベッド・ソファともに大きいこと。これだけでトラックの大きさが安いものでまかなえないんだそう。なので、家電・家具を捨てて衣類とか食器とか日用品だけ持って行きますっていうのとはかなり変わってくるらしいです。ちなみにそのほかの荷物は2人暮らしの中でもかなり少ない方だと言われました。

4.エアコンあり

・・・エアコンの着脱って引っ越し業者ではなく、エアコン着脱の業者が行うんですね。だから、引越費用に含まれていないことが多いんです。で、プラス3万円とかするの。前述したアークさんは、恐らくエアコン費用別途だったんじゃないかって幹事会社さんに言われました。そうかもしれない。そうすると、大体8万円だもんね、納得。

あとは『土日』とか『移動距離』とかによっても変わりますが、これはまぁみなさん気づくことかな、と。

引越見積の際に聞くべきこと

というわけで、自分の引っ越しが終わった今だからわかる見積の際に聞くべきことは、下記の通り。

1.洗濯機の着脱

・・・紙で渡してくれる業者さんもあるけど、口頭だったり「あわせていくらです」みたいに言ってくる業者さんもいます。「洗濯機の着脱も含まれてますか?」と聞けばOKです。

2.エアコンの着脱

・・・洗濯機は別途でも5,000円程度ですが、エアコンは前述の通り3万円もするもの。洗濯機同様「エアコン着脱は含まれてますか?」と聞けばOK。1台あたりなのか、すべてまとめてなのかや、取り外し時期と取り付け時期もあわせて確認しましょう。

3.段ボールの引き取り

・・・段ボールの引き取りも費用がかかる業者あります。引き取り時期についても様々です。引っ越し後って1か月後くらいまで段ボール片付かないこともあると思います。いつまで取りに来てもらえるものかも確認しましょう。

4.どうしたら安くなるか

・・・我が家はまだ3年も使っていない家具と家電ばかりだったので捨てるという選択肢がありませんでしたが、引越費用が大幅に代わるなら買い替えるというのも一つの手。「洗濯機と冷蔵庫捨てるか悩んでるんですが、この2つがなければ費用ってどのくらい違いますか?」などと聞いてみると良いと思います。引き取り料金かかるとかもあるので、色々検討してみると良いかと。個人的には、家電量販店で「買い替えなので、引き取り含めて値段検討してください」って頼んで、引越業者には引き取り頼まなくて良いんじゃないかと思ってます。

引越業者決定の判断基準

安く引っ越したいっていうのはみんなそうだと思うのですが、安かろう悪かろうじゃ意味がないわけで…。かなり個人的な意見ですが、今回の判断基準にしたのもを記します。

1.営業マンの人柄

・・・ものを買う、サービスを買うって結局のところ『平均以上であれば』営業マンの人柄ってところありませんか?私は、これだけを考えるならアートさんか幹事会社しかありえませんでした。営業マンとの相性もあるし、これは業者というか本当に人との出会いかな、と。

2.クチコミは気にしない

・・・アリさんってすごい動画が流出したりして「ここに任せて大丈夫…?」みたいな印象あったけど、使った兄に聞いたら全然大丈夫だったとのこと。営業マンと一緒で、引っ越し当日に誰がくるかっていうのでも(当日はほぼアルバイトだし、かなり運)全然違うもの。それでいくと、値段が本当に安いならアークさんもありかなと思い始めてました。結局、値段が不明瞭すぎてやめましたが。

3.新築マンション一斉入居なら幹事会社がよさげ

・・・幹事会社って少し安くなるって聞いてたんですが、本当にそうみたいです。結局、私も大手5社と比較しても一番安くなったし、何より対応が安心。幹事会社って一斉入居時期に常にマンションにいるので、何かあったらすぐクレームにつながったりします。だから、恐らく責任もって成し遂げてくれるだろうという期待もあって決めました。幹事会社に頼んでおくと、玄関前に段ボール出しておいたらその日中に回収してくれるっていうのも楽ちんでした。

引越当日の様子

引越当日、時間通りに業者がやってきました。搬出時は、しきり役のお兄さん(社員さん?)からあいさつがあり、その方が荷物を中でさばき、外の人間に渡していく感じでした。この方とバイトさんかな?が二人で計3人。約束通りの人数です。我が家の荷物が少ないということもあり、予定よりも早く搬出が終わりました。バイトさんが「では、午後は〇時に現地に向かいますのでよろしくお願いします」と最後のあいさつに来たので、「ありがとうございます。お昼休憩のあと、またよろしくお願いします」と5,000円を渡しました。この金額は相場がわからず、3人で5,000円なら1人1,000円お昼食べても余るから良いかな?くらいの考え。すんなり受け取ってもらえたので、みんな渡してるんだろうなと解釈。

IMG_4202.jpg

午後の搬入は、旦那さんが前の家の引き渡しでいないため最初私一人。何をどこに置くか決めていたはずなのにわからなくなって、何度も旦那さんに電話。その都度、業者さんの運びものがストップしてしまいましたが、じっと待ってくださいました。すみません、段取り悪くて…。

搬入はさらに時間短く終了。私たちがあーでもないこーでもない言いながら荷ほどきしているのをお兄さんちょいちょいアドバイスくれたりして、なんだかとても楽しい引っ越しでした。結果、値段も安く済んだし気持ちよく終われたし、もちろん荷物もすべて無事に運んでもらえたので大満足!今の家に永住予定はないので、また10年以内の引っ越しがあるんだろうな。そのときは、もっといろいろうまくやれそうだなと思う今日この頃なのでした。近く引っ越しする方にとって少しでも参考になりますように。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。