恋ログ~下村さきオフィシャルサイト~

*

【恐怖の家族物語】腑抜けども、悲しみの愛を見せろ/本谷有希子(講談社)

   

三島由紀夫賞最終候補作品。2007年には、佐藤江梨子主演で映画化もしています。これは一体、何ジャンルになるのだろう。

SPONSORED LINK

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ/本谷有希子(講談社)

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

新品価格
¥1,512から
(2017/3/16 11:12時点)

〇あらすじ

とある田舎で、和合曽太郎と妻・加津子が猫をかばって交通事故死する。その葬式の日、女優を目指して上京していた長女・澄伽(映画版:佐藤江梨子)が4年ぶりに街に戻ってきた。澄伽は、両親の事故死を目の当たりにし猫を嫌う次女・清深(映画版:佐津川愛美)に猫のぬいぐるみをお土産として渡し、後妻だった加津子の連れ子・宍道(映画版:永瀬正敏)はワガママで人を気遣う様子のない澄伽に対して異常なまでに気を遣う。宍道の妻・待子(映画版:永作博美)はそんな家族の様子を不思議に思うが、宍道には家族の問題に口をはさむなと、これまで以上に辛くあたられてしまう。

実は4年前、「お前には才能がない」と女優を目指すための上京を反対され、澄伽は父・曽太郎をナイフで切り付けようとしたことがあったのだ。止めに入った宍道は額に傷ができている。それでもあきらめられなかった澄伽は、上京資金をつくるためにクラスメイト相手に売春を始め、全てを日記に記していた。そんな澄伽の様子を見ていた清深は、澄伽の日記をもとにホラー漫画を作成していたのだった。

両親が死んだことで、家族は普通の家族としてやり直せるのか。それとも…。

 

〇感想

ホラーではないのに、もはやホラー。後味が悪いというか、最初から終始気味悪い、そんな物語です。それでも不思議な魅力で結末を見たくなって最後まで読みました。

家族って清いつながりばかりじゃない。そんな人の心の闇を存分に描いた物語です。

 - 本・映画紹介 , ,

SPONSORED LINK

  関連記事

【恐怖の家族物語】腑抜けども、悲しみの愛を見せろ/本谷有希子(講談社)
三島由紀夫賞最終候補作品。2007年には、佐藤江梨子主演で映画化もしています。こ ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。