父親は当たり前に気を遣える人なのに。知り合うのは、レディーファーストのできない男性ばかりなのはなぜ?

無料メルマガ登録はこちら ⇒ 恋愛デトックスカウンセラーが指南!女子会で解決できない男性心理解説

こんにちは、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。ここでは、受けた相談を一般化してご紹介します。

SPONSORED LINK

「もう5年くらい彼氏がいません。最近、友達に紹介してもらったりして何人かデートをしたのですが、みんな気が遣えない人ばかりで全然無理でした…。女の子に車道側歩かせないようにしたり、エスカレーターでのぼりのときには私の下にいるとか、おりるときには前にくるとか、そういうのができないっていうのはありえません。これだけのちょっとしたことに気を遣えない人ばかりで正直驚いています。うちの父親は、普通に母親にやってるのに…。これくらいの当たり前のことを自然にできる人は、いないのでしょうか?見た目は全然どうでもよいので、普通にこういうちょっとしたことができる男性と付き合いたいです」

 

昔、『母の呪縛から解放される方法』なんて本がハヤりましたが、呪縛は母親から受けるものだけに限りません。私は、これを『家庭の呪縛』と称しています。全てを親のせいにするつもりはありませんが、やはり子どもは育てられたように育ちます。背中を見てその通りに育ったり、「こんな風にはならないぞ」と反面教師にしたりと影響の受け方は様々様ですが、その人の背景に育った家庭があるのは否めません。すると、どうなるか。相談者のように、「どうして、これくらいの常識ができないの!?」と他人に押し付けてしまう。勝手に期待して、勝手に怒ったり落ち込んだりしてしまうわけです。

それぞれの家庭に『当たり前』があるのは普通です。でも、それが外でも通用するものではないと成長するにつれて人は気づきます。それに気付けていない一部の人たちが家庭の呪縛から抜け出せずに恋活・婚活市場で存分にこじらせるのです。

5年前に彼氏がいたときには、まだ今のように男性に多くを求めたりしなかったのではないでしょうか。高校生のときにファストフードやファミレスデートだって好きな人と一緒にいれれば楽しかった人も、大人になって贅沢を知ると、オシャレで食べログ評価の良いお店を予約してないオトコなんてありえないとズバッと切り捨てるようになってしまう…。いつまでも子どものときのような純粋な心を持ち続けることは難しいかもしれません。それでも、『自分の当たり前』を人に押し付けるのはやめましょう。

第一に、自分が求める完璧な男性はいません。良い人はさっさと売れてます。「車道側を歩いてくれる人」というだけの条件ならいるかもしれませんが、自分の理想すべてを網羅する人はいません。男友達に「可愛くて身長が160センチ以下で過去に付き合ったのは2人までで、忙しくない会社で働いてて家事が得意な子紹介して!」って言われたら、そんなんいないからって思うでしょ?それに、レディファーストが完璧にできる男性と知り合って、「うちの母親って料理が上手で、休日はいつも焼きたてのパンが朝ごはん・手作りのおやつが出てきてたんだ。え、君んちは違うの!?」とか言われたらムカつきませんか?このマザコン!って思いません?あなたの話を聞いた人は、同じようにもやっとしていると思いますよ。友達から誰も紹介してもらえなくなる前に、改めましょう。

 

無題

『恋愛小説』 『恋愛テクニック』 ランキングに参加中! 人気ブログランキングへ

===============================

書籍(恋愛エッセイ)

わけもなく男が魅かれる女 50のルール(三笠書房)

わけもなく男が魅かれる女50のルール: 心をつかまえる会話、行動、雰囲気…… (王様文庫)

新品価格

¥637から (2016/6/29 13:20時点)

電子書籍(恋愛エッセイ)

彼女が別れを決意する恋愛NGアクション(オープンアップス)

彼女が「別れ」を決意する恋愛NGアクション

短編恋愛小説(恋愛小説)

恋ログ ~小説置き場~

ブログ内連載(恋愛小説)

忘れたくない恋をした

ブログ内連載(恋愛エッセイ)

恋愛が教えてくれたこと

男の浮気事典AtoZ

合コンでムリめ女子を落とす方法

恋愛デトックス

ブログ内連載(恋愛ハウツー小説)

恋愛勉強中。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。