Facebookで恋活・婚活『ペアーズ』体験実録⑨ 『アラサー男2人にペアーズ利用を取材してきた~中~』


前回の概要。

キャプチャ

男1

pairs利用1か月で彼女ができるが、その後別れたため再開。開始1週間ちょっとで4人とマッチング、うち2人とデート予定。土曜の夜に女の子A(黒髪ストレートの色白美人)と、日曜の夜に女の子B(自分に自信がありそうな自撮り写真をアップしてる美人)と会う。

男2

男1の実績と、pairsに登録してる女の子の写真を見て利用を決意。開始4日で4人とマッチング、うち2人とメッセ交換中。女の子C(茶髪セミロングの可愛い子)と平日夜にデート予定、女の子D(茶髪ロングのちょっぴり気の強そうな美人)とデート予定取り付け中。

SPONSORED LINK

男1、女の子Aとのデートの結果は?

 「早速ですが、デートの結果は!?」

男1 「女の子Aと土曜日の夜に会ってきました。驚いたのが、写真よりも美人だったこと…めっちゃ可愛かった。そして、予想通りすごい良い子でした」

男2 「それはすごい!」

 「すごい!写真より美人とかテンション上がる!」

男1 「5時間くらい飲んだので飲みすぎました。で、酔っ払いすぎて自分のコンプレックス全部さらけ出したらかなりヒカれた…」

男2 「初回から5時間すごい」

 「コンプレックス全部さらけ出したって…(笑) なんで、そんなことを(笑)」

男1 「けど、次のデートの約束できたから、なんとかセーフかなと」

 「確かに次のデートの約束は熱いけど、最初からネガティブな話ダメですよ!就活で、最初の面接のときに給与とか休日の話しないじゃないですか!」

男1 「確かに…」

 「最初からハードル高くなる提示はしないで、少しずつふわっと出してった方が良いですよ。逆に女の子から『これとこれとこれを理解してくれる人じゃないと無理!」って初対面で言われたら可愛い子でも、めんどくさいかなー付き合ったら大変かなーって思っちゃいません?ふわっと出していくと、それがない」

男2 「最初に基礎的好感度を上げて、後から『こんなに良い人だから、それくらいなら仕方ないな』と思わせる作戦ですね」

男1 「腑に落ちたわ…。次の約束できててよかった…」

 「でも、もう言っちゃったから『この話、いつ言おう!?』って悩まずにデートできるのもメリットですね。巻き返しです!」

男2 「うんうん。面接にまだ残ってるという時点で、見た目はクリアしたってことだし」

男1 「採用打ち切り通告の可能性もあるけど…最終面接はいつなんだろう。他の人とも面接してるだろうし、枠埋まっちゃう可能性もあるし…」

男2 「焦っても仕方ないし、次の会社に切り替えよう!」

男2、女の子Cとのデートの結果は?

 「男2さんは?」

男2 「女の子C、めっちゃ良い子だった!高校の部活まで一緒で、話もすごい盛り上がった」

男1 「共通点は盛り上がるよね。後で言うけど、女の子Bと地元が一緒だからメッセで盛り上がって会えた気がする」

男2 「そして、次のデート取り付け済み。10日後にまた飲もうって話に。そこまでちょっと空くから、一回ランチ行こうかって話も出てる」

 「それ、かなり良い感じですね!向こうもすごい乗り気なのがわかる」

男2 「これでpairs、1か月4,100円なら本当に安い。合コンで出会ってたら落とせないレベルの女の子だった。そういう子に、こんなにすぐ会えるとは…」

男1、女の子Bとのデート結果は?

 「女の子Bは、どうでした?」

男1 「可愛かったです。でも、年齢が一緒で地元も一緒だから盛り上がってまた色んなことを話しすぎてしまい…途中から、僕のメンターみたいになってました。前の彼女のこと引きずってるでしょとか指摘されて」

 「(笑)」

男1 「女の子Aは普通の企業の事務職で、女の子Bは音楽系のちょっと特殊な仕事。休日も不定期で、合うのかどうか…」

男2 「普通の会社員だと、オトナとしてのマナー・立ち振る舞いを教育されてるのがデカい!一方、音楽系とかクリエイト系だとそのへん合うのかどうか…それが長所っていうこともあるけど、結婚を考えるとどうなんだろう

男1 「そういうところもだけど…キレイだし性格も良いけど、何よりかたさがハンパなかった。この子、無理かもって思った」

男2 「でも、そういう子落とすの楽しくない?(笑)」

男1 「そういうときもあるけど、Bはしっかりしすぎというか…。『次に付き合う人は、結婚しか考えてません』みたいな感じで、それはこっちもそうなんだけどあえて言われると身構えちゃって。その点、女の子Aは結婚もふわっとしてるし、この子いけるかも?って思わせてくれるから、Aかなぁと」

 「やっぱり、初対面で『私はこういう人なんです!理解してください!』は重いんですよ(笑)」

男1 「自分がされて実感しました…」

男2 「そういえば、『体目的の人お断り』みたいなコミュニティに入ってる子だと、なんか話しかける気にもならないのはそういうこと?」

 「そんなコミュニティあるんですか(笑)」

男2 「ある。しかも、入ってる子ほど、あまり可愛くなくて『いや、何その自信?』みたいな」

 「何か嫌な過去がある人なのかな…。でも、確かにそのコミュに入るのはオススメしない(笑)」

男2、女の子Dとのデート結果は?

 「さて、最後の女の子Dは?」

男2 「これ、もう会う前からテンションダダ下がりで…」

 「なぜですか?」

男2 「3日くらいメッセ放置してきたから、ランチ予約する気にならなかった。普通の会話ならともかく、予定立ててるときに連絡放置って失礼じゃない?」

男1 「メッセのやりとりで自分から話題降ってこない人は、付き合っても疲れそうだと思うことあるわ。やりとりの中で感じることって大事かも」

男2 「でしょ?しかも、ランチって言ってたから『12時に○○予約したよ』って送ったら、『14時じゃないと無理』って何?先に言えよ…」

男1 「メッセ楽しくないと会う気も起きないけど、持ち駒増やすために会いたい葛藤…」

 「で、その後?」

男2 「自分は3日とか連絡放置するクセに、こっちが1日返さなかったら『リマインド 今週土曜日ランチですよ♪』ときた!うるせーよ、仕事かよ!」

 「リマインド女(笑)好きな子にされたら、可愛いんだろうけど(笑)」

男1 「やる気があって良いのでは?(笑)」

男2 「総合したら、めんどくさそうとしか思えない!」

 「でも、会ったんですよね?」

男2 「会ったよ。感想はね、

見た目⇒意外と背が小さいが、スタイル抜群かつめっちゃ可愛い

気遣い⇒なし

自慢⇒多い

態度⇒会計時、サバンナ高橋のような素早さで財布をしまう

性格⇒気持ち悪い

挙動⇒不審

どう説明したらいいかわからないけど、気持ち悪いしうざかった…」

 「ちょっと待って!サバンナ高橋のくだりが全然わからない!!(笑)」

男1 「すごいかわいいのに残念ということがよく伝わった(笑) これだけ可愛いのに彼氏がいないのには、やはり理由が…女の子Cと悩む必要がなくなって良かったかもね」

その他、進展ありましたか?

 「前回話してた子以外で、何か進展ありましたか?」

男1 「『いいね!』1,300超えの子と800超えの子とメッセしてるけど、2~3日に一回返信くるかどうか。会うまでのハードル高いなぁ」

男2 「1,300超えって…もしかしてこれ?(写真を見せる)

男1 「いや、まさか…(写真を見る) 同じ人!!!(笑)」

 「(爆笑)」

男2 「この人、『男2さんも、美肌ですか?』って送ってきた不思議ちゃん。自分は美肌ですが、男2はどうよ?って会話だよね。ビックリした」

男1 「でも、可愛い子は平行してることがよくわかった。リスクを考えて、また別の子に『いいね!』送りつづけなきゃ」

男2 「pairsもマメに努力しないと、赤字企業になりかねん」

男1 「とりあえずPLで赤出しても、負債でも良いからBSを積み上げていかないと会社としての体力を失っていきます。たゆまぬ「いいね!」の投資が必要…」

男2 「短期的利益にとらわれていては身を滅ぼしますね。まさに経営のようだ」

男1 「目先の失敗もノウハウの蓄積」

 「話がすごい方向に(笑)とりあえず、マッチングしたら、メッセ続けることを第一に。自分が大人数に受けるようになると、本命1人に依存しすぎず冷静に恋愛できると思います。初対面は、自分の話でなく相手の話を聞き出すくらいで。ただ、相手の楽しい話がベストなので、話題になりやすくても仕事より休日とか学生時代の話をメインに。とはいえ、お互い盛り上がってるなら駆け引きなんてせずに自分が楽しいようにやりとりするのが一番!楽しい気持ちは相手にも伝わると思います!」

男1 「最近、トイレ休憩でメッセ確認するのが日課です」

男2 「トイレじゃなくても確認しちゃうから、メッセきたらGmailにメールされるように設定しちゃったよ、俺。とりあえず、毎日かわいい子が見つかるから、『もっと良い子いるかも?』って決断できなくなるような、こじらせにも注意だな!」

まとめ

1.メッセが楽しくないと、会う気がしない

2.すごい可愛い子は、やはり問題アリ?

3.最初から『これ理解して!』のアピールはしないこと

4.みんな同時並行してるので、自分も本命1本に絞らず広く見ておく

 

次回に続く…

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。