恋ログ~下村さきオフィシャルサイト~

*

良き夫にも、過去はある

      2016/09/09

男の浮気辞典AtoZ Bの場合

DSCF1382

【Bスペック】(自己申告)

顔 : 中の下

体型 : 普通、身長178cm

年齢 : 33歳

職業 : 自営業

交際歴 : 人より少なめ

SPONSORED LINK

 

○男子校出身で、初めての彼女が19歳のとき○

「最初の浮気は、いつですか?」

B 「大学4年のときです。というのも、中・高が男子校で、女性との関わりがなく、そもそも初めて人と付き合ったのが19歳のとき。3ヶ月くらいですぐ別れて。次の彼女と20歳で付き合って、浮気したのがその2年後ですね」

「彼女とは、どこで知り合ったんですか? 浮気相手とは?」

B 「彼女は、同じ大学でサークルの1こ下の後輩でした。浮気相手は、バイト先の2こ下の女の子です」

「浮気したキッカケは何だったんでしょうか?」

B 「バイト同士みんな仲が良く、ある日自分と浮気相手が飲み会で泥酔し、仲間が自分の家に2人を搬送してくれたことです。その日は特に何もありませんでしたが、その日から親密になりました」

「その後の経過は?」

B 「お互いに彼氏・彼女と2年くらい続いていて、ちょっとマンネリしてきた頃でした。その悩み相談なんかをし合ってて。浮気相手は彼氏と同棲していたんですが、ケンカして彼氏が出て行ったとバイト上がりに言われ、そのまま彼女の家に行ったことが始まりです」

「浮気して、彼女に悪いと思ったことはありますか?」

B 「当時は、彼女と別れてこの子と付き合うんだろうなと考えていたので、そもそも浮気している、という感覚がありませんでした」

 

○浮気は、彼女にバレてない?○

 「浮気相手のことは、そういう関係になる前から意識していましたか?」

B 「可愛かったし、一生懸命バイトしている姿が印象的ではありました」

 「浮気相手は同棲中ということだったのですが、普段はどこで会っていたんですか?」

B 「彼氏がいないときに、向こうの家に行ったり。自分も一人暮らしだったので、自分の家です」

 「彼女は合鍵を持っていなかったんですか? 彼女とはどこで会ってたんですか?」

B 「合鍵を持つという発想がありませんでした。彼女は実家だったので、自分の家です」

 「浮気は、彼女にバレなかったんですか?」

B 「バレてはいないですが、疑われていたとは思います。試されているような言動が多かったので」

「メールなど物的証拠を見られた可能性はありますか?」

B 「メールは消してたし、ないと思います。でも、見られていたとしたら、残っているメールの数が少なすぎて、逆に怪しまれていたかもしれません」

 

○環境が変わって、突然の幕引き○

 「付き合おうと思っていた浮気相手とは、その後どうなったんですか?」

B 「相手の彼氏にバレて、謝りに行かされたことがありました」

「なんでバレたんですか?」

「ケンカしたときに、浮気相手が彼氏に『私だって浮気してるもんね!』って」

「いる、そういう女の子(笑)」

「『大変なことになった!』って連絡してきたけど、自分が言ったんじゃん、ってね(笑)」

「その後は?」

「浮気相手は彼氏と別れたんですが、自分はこれからいざ社会人っていう時期でバタバタして、結局、彼女と別れて浮気相手と付き合うっていうことをズルズルと引き伸ばし・・・その間に、自分で冷静に考えることがあって、乗り換えることはありませんでした」

「具体的には、どういうことですか?」

「何かの本で、『人を好きでいられる恋愛期間は1年しかない』って読んだんですよ。彼女との恋愛期間は終わっていて、浮気相手とはまだ1年以内。だから、その2人を比べちゃいけないタイミングで比べてるんだなって思ったんです。で、まだ2人目の彼女だけど、この子が本当に大切な子かもしれないのに別れて良いのかなって思い始めました。そして浮気相手のことを冷静に考えてみたら、彼氏とのケンカの内容ひどいなって気付いて。この子と付き合ったら、次は自分がその彼氏の立場になるのかと思ったら、踏みとどまれました」

「その後、どうやって終わったんですか?」

「働き出してからも、当時ちょっと病み始めていた浮気相手がすごい頻繁に連絡をしてきて『こっちだって働いてるし、昼間に電話出られないよ!』みたいにちょっとキツく言ったんです。そのあと言い過ぎたかなと思って電話かけなおしたら、つながらなくて」

「えっ!?」

「その1週間後くらいに、共通のバイト先だったお店の店長から電話がきて『●●(浮気相手)が大学やめて、家も引き払っちゃったみたいなんだけど居場所知ってるか?』って電話が」

「えぇっ!?それ、店長はどうやって?」

「大学から親に連絡があって、親が家に行ったら家がなくなってて連絡もつかなくて、聞いてたバイト先に『バイトで仲良くしてた人の連絡先教えてください』って来たらしくて」

「えぇーー、で、それっきりですか?」

「それっきりです。フェイスブックで見かけることはあるけど、友達申請ももちろんしないし」

「じゃあ、『もう終わりにしよう』みたいな会話もなかったってことですよね?」

「そうです」

 

○したことは、相手にもされる○

 「その後は、浮気ないんですか?」

 「そのちょうど1年後に、彼女に『好きな人ができた』ってフラれたんです。しかも、相手の男はバイト先の人。俺と一緒じゃん、って!(笑)」

「(笑) したことは、されるんですね」

「そう。それが、社会人1年目の終わりで、彼女は4年生。ちょうど転職して東京に出ようと思っていたときだったので、このままこの子にはもう二度と会わないんだって思ったら、自分の部屋の荷物を片付けてる彼女を見て、泣けました。こんなに大事だったんだってそのとき気付いて。でも、もう遅いのか、って」

「で、結局別れたんですか?」

「別れましたよ、1ヶ月だけ」

「1ヶ月別れてからの?」

「別れて1ヵ月後に、東京行くことが決まったので、彼女に伝えたんです。そしたら、『じゃあ、最後に会おうよ』って」

「それが、いつですか?」

「自分が社会人2年目の5・6月頃、彼女は社会人になったばかりのときです」

「彼女のこと、吹っ切れてたんですか?」

「全く!未練たらたらで。1ヶ月前まで自分の彼女で、1ヶ月間は他の人の彼女だったって考えたら、めちゃ緊張しました」

「めっちゃ分かる(笑)」

「で、あぁこんなに好きだったんだって思いながら話してたら、向こうが『彼氏と、なんか合わない。朝6時から深夜まで働いて、疲れで業務中に運転してて人はねそうになったこともあって仕事も辛い』って言うから、もうここしかない!と思って『じゃあ、仕事やめて東京きなよ』って」

「え、それって仕事やめて彼氏と別れて、俺と一緒に東京行こうよ!ってことですよね?」

「そうそう。で、即答ではなかったけど、結局彼氏と別れて、本当に東京来て、同棲」

「えぇー!なんか、幸せな話聞いてるみたいになってる(笑)」

 

○今後をどう考えている?○

 「浮気して、浮気されてってことを一通り彼女と経験したし、『恋愛期間は1年』ってことも考えたら、例えば美人な人に出会っても、もうその子と恋愛したいなとは思わなくなったんですよ」

 「はい」

「東京で誘われるまま週5で合コンとか行って、良いなって思う女性にも出会いました。良いなって思ってくれる女性にも出会いました。でも、昔を思い出すと、『1年たったら、もう良いやって思うかもしれない。、同棲してる彼女を一番の運命の人だと思おう』って思えたんです。で、無事に結婚しました」

「この先浮気、というか不倫をすることはないですか?」

「当時、『浮気しても本気にならなければ良い』って思ってたんです。今も、その気持ちが強いですね。気持ちが揺らぐことなんて、恋愛以外にもたくさんあるじゃないですか。だから、”絶対ない”とは言い切れないけど、あっても絶対に本気にはならないですね」

「浮気しないためには、彼女がどんな人であるかっていうことよりも、自分の問題ですか?」

「自分の問題ですね。いたみを知ってる人は、それ以上しない気がする」

「奥さんに浮気されても許せますか?」

「今は、許せます。自分に経験がなかったら、絶対に許せなかったと思う」

「やっぱり、そういうもんなんですね。自分もしてみて、どんなものか分かったからってことですよね」

「はい。誰も幸せにならない。辛いので」

 

【まとめ】

キッカケ : 当時の彼女と2年付き合って、マンネリしてきたこと

浮気の始まり方 : 同じような立場で相談しあううちに、どちらともなく

浮気相手の認識 : 浮気と知っていた

常習性 : なし

制御方法 : 『恋愛期間は1年』と、冷静に判断する

やめたキッカケ : してみて、誰も幸せにならないと気付いた

 

関連:男の浮気事典AtoZ一覧

↓『恋愛小説』 『恋愛テクニック』 ランキングに参加中!


人気ブログランキングへ
===============================

書籍(恋愛エッセイ)

わけもなく男が魅かれる女 50のルール(三笠書房)

わけもなく男が魅かれる女50のルール: 心をつかまえる会話、行動、雰囲気…… (王様文庫)

新品価格
¥637から
(2016/6/29 13:20時点)

電子書籍(恋愛エッセイ)

彼女が別れを決意する恋愛NGアクション(オープンアップス)

彼女が「別れ」を決意する恋愛NGアクション

短編恋愛小説(恋愛小説)

恋ログ ~小説置き場~

ブログ内連載(恋愛小説)

忘れたくない恋をした

ブログ内連載(恋愛エッセイ)

恋愛が教えてくれたこと

男の浮気事典AtoZ

合コンでムリめ女子を落とす方法

恋愛デトックス

ブログ内連載(恋愛ハウツー小説)

恋愛勉強中。

 - エッセイ, 男の浮気事典AtoZ ,

SPONSORED LINK

  関連記事

良き夫にも、過去はある
男の浮気辞典AtoZ Bの場合 【Bスペック】(自己申告) 顔 : 中の下 体型 ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。